な〜んか残念だった焼肉「すみの家」

Pocket


こんにちは、ローラです。

自身の誕生日祝いのために、シティ内にある「すみの家」という焼肉屋に初めて行ってきました。噂通り、綺麗な店内には余裕のある客席スペースが広がり、各テーブルの上にお肉を焼く用の七輪と換気用のダクトが設置されていて、店内の煙たさ体感はゼロ。いいね。誕生日なのでしっかりとドレスアップをしていったんですが、煙の心配なし。

この「すみの家」、金・土・日は食べ放題メニューのみの提供で、$60か$70のコースが選べるそう。高い方はバラエティの幅が広がるんだけど、ほとんど同じものばかりを食べるであろう私たちは$60で十分と判断。コースをスタートしました。




実はこの食べ放題、時間制限60分とのこと。。私、勝手に90分だと勘違いして乗り込んだんで呆気に取られました。あれ。。短っ!!!自分の勘違いにより席に着いた途端の無駄な落胆も気を取り直して即オーダー、しようとするも、オーダーは席に着くなり渡されるiPad経由というシステム。そしてこのiPadにタイマーがセットされていて、iPadを受け取るとすでにもう60分を切っているっていう。。なにこれ。。iPadを渡された時点で残り時間が51分数秒とかって表示。おかしいと思いながらも、なぜか躊躇して店員さんに聞かなかったんだよね。後からこのこと反省するんだけど。

食べ放題、アラカルト、ドリンク、全てのオーダーをこのiPadを通して行わないといけないのでもう、初めての私たちにはちょっと忙しすぎたわこのシステム。二人での食事も、私がiPadオーダーして(しかも慣れてないから時間かかる)彼が焼く担当でもう会話がそっちのけ。大量の食べ残しにはペナルティがかかりますってルールなので、オーダーの量も考えないといけないし、残り時間も気になるし。

残り時間10分になると、iPad上でそれを知らせるアラーム表示が出るんだけど、ちょうどお隣の席のそれが出て、その3分後くらいに私たちのアラームも鳴り、食事中に少しお隣さんと会話をしていたもんだから、君たち、私たちのずっと後に来たのに、そのアラームおかしいよっていう助言。だよね!!!!!って私は最初におかしいって思った時にしっかりと店員さんに言えばよかったんだけど、ちょっと今更感&この頃には一気に詰め込んだ胃袋がかなり限界に来ていたのでそのままタイマーに従うことにしました。

ところがこのタイマーが切れると、iPadを通じてのオーダーが一切できなくなるという始末。食べ放題時間終了と共に、食べ放題には含まれていないドリンクでさえ一切の注文ができないという。。やっと詰め込んだ食事を終えてお酒でもゆっくり飲もうかという段階で、オーダー終わり〜ってもう、ここは柏か!? さすがにテーブルが60分制限じゃないので、それまでに注文している分&テーブルに並んでいる分はこのまま引き続きお愉しみいただけますスタイルのようなんだけど(メニュー上には一応、90分のテーブル制限という表記。私はこれを90分の食べ放題と勘違いした模様。)、まさかドリンクまで頼めなくなるとは思ってなかったので不満でしかない。

今また改めてメニューを見てみると、やっぱり書いてあることと私たちに起こったことはかなり違うから、もしこれからここに行こうと思ってる方はテーブルに着いた際にしっかり確認することをおすすめします。

メニューには、最初のオーダーを取ってから60分のタイマーがスタートするってなってるけど、私たちがiPadを渡された時点でもう10分が経過していた。でもって初めてのお店なもんだからメニューに慣れておらず、料理を探したりするんでもう最初のオーダーの時点でタイマー上15分は経過っていう、これデカいでしょ!!!!! 私たちが失ったこの15分で、あとどれだけ頼めたか。

でもってメニューには、60分の食事を終えた後、ラストオーダーの食事とデザートの注文を取りに来るって書いてあるのに、タイマーの終了と共に、一切の注文ができなくなるという始末。

実際のところ、限られた時間制限内で$60以上の価値のある食事をさせていただいたんですが、また行きたいかと言われるともういいかな。多少値が張っても、やっぱりアラカルトで時間制限の一切ない焼肉屋に行くべきということでしょう。結局のところ、食べ放題のお店でも二人で$180程度の支払いを済ませてきたので。

「すみの家」のお肉・お料理は総じて美味しかったです。

ちなみに、お隣の席で会話が盛り上がったオージーカップルも、女性は白いレースが目を引くドレスワンピに身を包み、男性は綺麗なスカーフがインしたシャツにジャケットという装いでした。外食時にしっかりと着飾って出かけるというのは、オージー文化の好きなところです。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする