ドレスに着替えて焼肉に行こう! 「柏」を蹴って「すみの家」へ

Pocket

こんにちは、ローラです。

二夜連続で外食という、おそらく5年コーリーと付き合って初めての出来事になるでしょう。今夜は先週誕生日だった私のお祝いのためにディナーに行くことが決まっていました。

こっちの人って、ものすごいドレスアップするんですよね、外食&パーティ系に出向く場合。それこそ日本の結婚式・二次会に出かけるような、特別な格好に身を包みます。せっかくなので今夜の私も特別仕様な衣装にしようかと思うんですが、出かける先は焼肉屋っていう。




私の住むマルーブラから遠いので頻繁に行けないんですが、クローズネストに「焼肉 柏(かしわ)」という、もうシドニーに住んでる方ならみんなご存知っていう安い旨いな焼肉店があります。確か去年だかの誕生日もそこに行った覚え。狭い店内はいつもお客さんで溢れ、換気扇がまったく追いつかないほどに常に煙モクモク。あれは確実に壊れているだけだと私は行くたびに思う。けれどそんなことどうでもいいくらいに、安い。そして旨い。ものすごい添加物の味だけど、旨いものは旨い。とにかく人気なお店なので5年前くらいのいつからか、食べ放題でもないというのに90分制というテーブル利用の時間制限がつき、それでも安い、旨いなもんだから、常にガツ食い。時間と肉焼きに追われ、BYOのお酒を飲む余裕すらほとんどなく90分終了という状態でした。

それでもまた今年も行こうと予約の電話(←これ必須)をかけたところ、「当店60分の時間制となっておりますがよろしいでしょうか?」というご案内。

は?! へ?!

耳を疑ったわよ。焼肉店で60分制限って。いままでの90分制限でさえ必死だったのに、60分っていくらなんでも怠慢すぎでしょう。どれだけ混んでても、あそこまで安くてもディナーにくる客に対してこれはない。私たち、行くのを止めました。




普段外食をほとんどしないのでもはや次のお店の候補がなかったんですが、柏の代わりに「すみの家」というシティ内にある焼肉屋の評判がネット上よかったのでここに行くことにしました。このお店も日本人の間では普通に知られたお店のようです。本音をいうと、誕生日の特別なお祝いくらい、過去に日本人のおじさん(クレセントで働いていた頃)に連れて行ってもらったことのある「れんが屋」(ノースシドニーにある高級焼肉屋、叙々苑みたいな印象)くらいパーっと行きたいところなんですが、コーリーの懐事情を知っているのでそっと我慢。いつかあの美味しい「れんが家」の焼肉をコーリーちゃんにも味わってもらいたい。来年かな。ところが予約したあと知りましたが、この「すみの家」、高級「れんが家」の姉妹店だってー! あっれー、みんな知ってた? これ絶対美味しいパターンじゃんね。ワクドキ。ドキワク。

「すみの家」食レポは次の機会に。今回はただの「柏」への不満。美味しいお肉を安い価格帯で勝負する人気店ゆえ仕方ないのかしら。いやいや60分はさすがにないでしょー。それでも今夜も賑わっているんでしょう。

さて、これから身支度を整えます。どこまでのドレスに着替えようかしら。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする