オーストラリアで間違った口座にあやまってお金を振り込んでしまった場合の対処法

Pocket


こんにちは、ローラです。

ここオーストラリア、銀行口座さえ持っていればネットバンクを介して他者とのお金のやりとりが簡単すぎるほど簡単にできます。BSB(BankStateBranch、支店番号)6ケタと、ACC(Account番号)8ケタの入力だけで、他社バンクだろうと取り引き可能。確か手数料もないんじゃなかったかしら。

ただし、この番号の入力、本当に気をつけてください。6度見くらいのチェック絶対。というのも、2週間前に引っ越してきたブラジリアンの彼女、手付金としてのボンドの振り込みで単純な入力ミスをおかし、あわや$1000以上を見知らぬ誰かに送金しちゃってましたので。

彼女が入居する2週間とちょっと前、この彼女からの入居希望を受け、部屋を押さえるためには4週間分のボンドを指定口座に振り込むよう連絡したんです。その夜10時頃、この彼女からボンドを振り込んだというメッセージと共に携帯画面のキャプチャ写真が送られてきました。ここまでスムーズかつしっかりしていたので、やっと決まった入居者に安心していました。ところが翌朝、入金先である口座に何も反映されておらず、とりあえず念のために彼女が送ってくれたキャプチャ写真を確認してみました。すると、、まさかの1番号ミスを発見。

4696xxxx っていうACC番号のところ、4996xxxx っていう写真。

確認した私たち、完全顔面蒼白キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

あわてて彼女に連絡をし続け、1時間たった頃にやっとつながり、事情をすぐさま説明。とにかく今すぐ彼女自身で銀行に連絡をとって間違った振り込みをしてしまった旨を説明するよう指示しました。




幸いなことに、彼女と振り込まれ先である口座の銀行が同じではなかったので、通常(同銀行間取り引き)よりも時間がかかり、お金が即誰かの口座に振り込まれることもなく銀行間でまだプールされていた状況とのこと。結果的に2日後くらいにはお金は戻るから安心してという返答を銀行から得られたそうで、本当にほっとしました。

これがもし同銀行だった場合、数分レベルでお金が即座に移動してしまうので、手遅れだった可能性(つまりお金は戻ってこないという悲惨)。恐ろしい。。

それにしても、入金(振込)の際、相手口座の名前を入力する項目もあるんですが、ここオーストラリアでは、それが不一致だったにしてもスムーズに入金(振込/送金)されてしまうらしいので本当に入力ミスには、マジで気をつけましょうです!!!

入金後、万が一ミスに気づいた際には、とにかく自分の銀行の緊急窓口的な連絡先に、1秒でも早く電話をすることが絶対なようです。そしておそらくここで必要なのが自分の口座のセキュリティコード。前回のブログで私が完全につまずいたあのセキュリティコードです。とりあえずの緊急連絡先としての電話番号(&セキュリティコード)は、携帯に登録しておいたほうがいいかしらとか思っています。これを読んだ方もぜひ気をつけてくださーい!







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする