Water is Gold ポッサムのベイビーとの出会いと別れ

Pocket

こんにちは、ローラです。

引き続き山の中で過ごしています。今日はネットが微妙につながる山頂からの更新です。

私がこのブログを始めたきっかけは、オーストラリアで過ごした情報共有(自己満的ストレス解消が最近多いけど、、)とニヒヒ副収入が目当てだったんですが、私の発信する情報がニッチすぎるせいでしょうか、掲載広告と本文が不一致なせいでしょうか、後者の達成率は毎月無料ランチを食べられるか程度、ここ最近は主に前者目的で更新しています。後者の爆発も少なからず期待していますが。




去年コーリーちゃんがこの山の一部を買って以降、当然キャンプはもっぱらここです。コンテナと呼ばれる大きな箱を所有地に設置し、基本的な生活ができる環境を整え、時間さえあれば(彼はセキュリティ面の関係から最低毎月2回は)このブッシュに来ています。

シドニーから車で3.5hのここ、周囲は完全にファーマーたちです。もっぱら羊に牛がメインで、牛といってもミルク目的ではなく育てて売るのが目的。「Water is Gold」と田舎のファーマーたちは口を揃えて言い、その意味をまったく理解していなかったんですが、今日はじめてその意味を理解したのでその記録です。

Water is Gold. 「水はお金だ」「水はお金になる」そんな感じの意味で、ファーマーの人たちはよく使うフレーズだそう。

Water is Gold. ファーマーたちには、飼っている羊や牛のために豊かな土地と飲み水になるダムが絶対必須になります。ダムと呼ばれる場所は(見た目には、とても小さな水溜め)基本的に雨水を集められるような土壌に設計されているようなんですが、日照りが続くような天候の場合、ファーマーは、水を買うか飼育する羊や牛の一部を売るかという選択に迫られるそう。水を買うとなると$1000/3日で飲みきる とかの膨大な費用がかかり、当然ファーマーは水を買わずに雨を待ちたい。けれど、飼育する羊や牛が死んでしまうほどの餓死は避けないといけない。あと何日で雨が降るか、もしくはまだ売るには満たない(高く売れるほどの大きさに成長していない)羊や牛を売るか、ギャンブルのような掛けにでざるをえないそう。水があれば放牧するファームアニマルの餌となる草が育ち、水があれば飲み水を買わずに済む。こういった意味で、Water is Gold、と言うんだそう。

そしてもう一つ別の意味、それは、Waterのあるところには生き物が集まるということらしいです。水があれば植物が育ち、昆虫が育ち、魚が育ち、それを食用とする鳥が集まり、飲み水を求めて動物が集まる。命のサークル、Water is Gold. このために、コーリーちゃんは彼の土地内にある小川の周りを大きく掘って、ダム(水溜め)を作ってるんだそう。私はただ単に、夏場遊ぶ用のプールを作ってるもんだと思ってた。Water is Gold. 勉強になります。

この土地には、野生のカンガルー、ポッサム、ウォンバット、ウサギにキツネにヤギ、鹿、豚が生息しています。まだコアラは見つけられていないんだけれど、ユーカリの木だらけのこの山、多分どこかにいる。

先日、ポッサムのベイビー2匹が超真夏日の日中、炎天下の山道でウロウロしているのを見つけ保護しました。ポッサムは基本的に夜行性なので日中は寝てるはずの習性。なのに超真夏日の昼間に外でウロウロしてる=おそらく母親を失ったと判断しての保護でした。手の平にすっぽり収まるベイビーポッサムにストローで水を与え、小さく切った洋梨やフレッシュなユーカリの葉を与えると、小さな小さなその両手で上手に抱えて、ポリポリ食べていました。

Lola_Akemiさん(@akemi_lola)がシェアした投稿


2匹のベイビー、一人は超アクティブでもう一人は穏やか。シドニーに戻ってからも飼おうと言っていたんですが、その夜中に箱から抜け出し、アクティブな彼は寝ているコーリーちゃんと私の顔の上を行ったりきたり飛び跳ねて遊び、再度箱に戻したんですが、3時の物音で飛び起きて箱を確認するとアクティブ君がいない。どこを探してもいない。暑さで開けていたドアから外に出て行ってしまった模様。穏やかなもう一匹のポッサムも箱の中から抜け出そうとしていたので、彼に再度水を与え、洋梨を与え、今度はピローケースに彼を収めて逃げださないようにしっかり口を閉じて私たちは再度ベッドに戻りました。ところが朝起きてみると、この彼も出て行ってしまっていました。ピローケースの口はしっかり閉じていたのに、どうやって逃げ出したのか、謎だけを残して。アクティブ君が迎えにきたんだと思っています。彼らにしっかりと水分と食事を与えたつもりなので、兄弟でたくましく野生で生き抜いていくことを願っています。それにしても、ポッサム、まーじーでパーティーアニマルでした。夜中の騒がしさ、半端なかったです。結果的に飼うのは難しかったかも。めちゃくちゃに可愛かったんですけどねー。

1ヶ月に及んでいるコーリーちゃんのダム建設計画が残り数日で終わるそうです。彼の作ったダムを拠点に、近い将来、たくさんの命が育つといいなと、私は毎日ワインを飲みながらワクワクして過ごしています。今もまた空がゴロゴロ言いだしています。Water is Gold。恵の雨でしょうか。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする