シドニー 長期滞在中の個人的なビザについて

Pocket

海外にいるとあまりプライベートなことはすぐに立ち入らないはずなのに、ビザ事情はどうも初対面の段階からズバッと質問がくることが多く、オーストラリア人の彼氏がいるならビザは簡単でしょ?とまっさきに聞かれるケースに毎回、自分のことながら失望するので、先に私のプライベート&ビザ事情をお伝えしておきます。

2011年の初めにワーホリで来豪し、2年目にしてようやくまともなオーストラリア人の彼氏ができた暁には、これで私のビザも安泰!!これ以上、オーストラリア滞在のためにばかばかしく高い学費を払い続けなくて住む!!これからは仕事だけしていればいい生活になぁ〜るぅ〜♡♡ と内心飛び跳ねて喜んだものです。

ところが事情はそう簡単に好転せず、、、

彼はビザサポートをすでに人生で2回、過去の女性にしていたーーーからで、このいわゆる、オージーの彼氏を見つけてその人と結婚すればビザは安泰、の王道ラッキーコースから私は完全に外れてしまったわけです。かれこれもう4年も一緒にいるのに。オーストラリアの法律では、人生でサポートできる回数に上限があり、つまり2回まで。私の絶望感たるや。現地彼氏は見つけたにもかかわらず、オーストラリアに住み続けるには永住権を自らの手で取得しなければならないという、相変わらずのしんどい茨の道コースから抜け出せず、最終ゴールを永住権取得と設定し、2年ほど前、チャイルドケアの資格取得の道を選びました。

今までに取得したビザをざっくりご説明しますと、ワーホリで1年。学生ビザに変更しビジネス学校(いわゆるビザ取り学校)に通う目的で2年。もう少し専門的な学校(マッサージ学校)に通う目的で学生ビザをさらに2年更新してきました。

マッサージ学校を選択したころはあまりビザのことを真剣に考えてなくて、オーガニック先進国のオーストラリアで将来エステ系の仕事に就いたら楽しそうだな〜っていう適当な気持ちで通い始めたものの、内容があまりに体力勝負すぎて、なまじ適当に通い始めたもんだから途中で完全に挫折。授業の一部で実際に一般のお客さんを招いて、週1で5時間のマッサージ実習をしなきゃいけず、これが本当にシンドかった。お客さんの大半を占めるおじちゃん、おばちゃんの体の本当にデカイこと。しかもこのお客さんたちは一応お金を払って私たちの実習に参加してもらっているので、5時間の実習中、それなりに手を抜けない。それに加えて、Anatomyっていう解剖学もマッサージやる上で必要な知識になるので、日本語でだって慣れ親しんだことのない専門用語を当然英語で学んでいくのにももう限界だった。この学校は完全に選択ミス。

とはいえ、学校を辞める=学生ビザが止まる=オーストラリア滞在資格がなくなるってことになるので、マッサージの学校を辞めるけれども他の学校に通う、という選択肢として、将来のビザのことをようやく(やっと)しっかり考え、チャイルドケアに進むことにしました。

それまでずっと忘れていたんだけれど、そもそも私がオーストラリアに来たきっかけは、英会話取得と同時に、日本でも使えると言われているTECSOLっていう英語を母国語としない子供に英語を教える資格を取りたいと思ってたことでした。ワーホリ来豪当初は、自己評価とあまりにかけ離れた実際の英語力の現実にショック死して、子供に英語を教える、っていうかまず自分の英語力伸ばさないとだめじゃん、、と観念して滞在期間を長くすることで英語力を伸ばすという緩い学習方法に切り替えたんだけれど、4年経って日常の英会話にいい加減慣れ親しんだころにこの本来のもう一つの目的を思い出したのです。とてもとても遠回りをしましたが、やっとチャイルドケアの資格に進もうと決意ができました。

マッサージ学校に通う目的で取得した学生ビザ(2年)に乗っかる形で、チャイルドケアの学校に変更することになって、当然入学時期が違うから、2年で取るチャイルドケアのコースの途中でマッサージ学校で取得した学生ビザの期限を迎え、今通っているチャイルドケアのコースを終了する分の学生ビザを途中で更新(10ヶ月分くらいかな?)したので、滞在期間がトータルとして5年と半年くらいに至っています。ここらへんの説明は文字にするとほんとややこしいんだけれど。

あと5週間ほどで2年に渡ったチャイルドケアのコースが終了し、来年の3月には今の学生ビザが切れます。今後もオーストラリアに滞在するビザの手段としては、いくつか選択肢があって、それはおいおい記事にしようと思ってます。とりあえず今回は個人的なビザの経緯まで。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. れみ より:

    はじめまして、ローラさん。いつも勉強になると思い読ませてもらっています。私もMEGTで現在diplomaを勉強しており7月に卒業予定です。私も最初ビザ取り学校に行っており途中から永住権を考えてチャイルドケアに転校手続きしました。なのでビザ自体は最初のビザ取り学校のビザが使えるので2019年3月までビザがあります。ローラさんとあまり変わらないですね。クラスメートは7月に学校が終わる前に卒業ビザを申請する子が大半です。私はまだビザがあるので急がなくてもいいかなと思うんですが、卒業ビザとるにあたりローラさんが使用した弁護士について教えてくれませんか。日本の弁護士にメールを送ったんですが全部無視されてるんです。。

    • ローラ より:

      れみさん はじめまして! チャイルドケア専門学校での卒業ビザは、シドニーのエージェント/移民弁護士ですら無理だというくらいの認知度の低さなので、日本の弁護士さんではとうてい分からないんだと思います。れみさんのメールアドレスに、私がお世話になったシドニーの弁護士さんの情報をお送りしますね。もし今日中メールが届かないようでしたらまたコメントください。もうすぐDiploma修了、やっとですね!! 残り4ヶ月頑張ってください!!! ローラ