人と比べる必要のない、オーストラリアの多種多様な美意識・価値観

Pocket

こんにちは、ローラです。

Daylight Savingが終わったというのに今日のシドニーは、まだまだ夏日でした。犬の散歩がてらビーチの近くまで行くと、水着で日差しを満喫している人たちをたくさん見かけました。

海外旅行の経験が多い人はわかると思うんですが、日本以外の海外のビーチは本当にいろいろな年齢と体型と様々な種類の人たちが堂々のビキニで各々自分の時間を楽しんでいます。ここシドニーのビーチもそうで、若い人から家族連れ、いろんな種類のカップルやトップレス女性、お腹の大きい妊婦さんやご年配の方々と本当にたくさんの人たちが楽しんでいる姿を見ることができます。

オーストラリアは多民族国家なので、女性の体型美に対する価値観も本当に様々です。画一的な日本と違って、細身な女性が好きな人もいれば、ぽちゃっと大柄な女性が好きな人もいるし、胸の大きな女性が好きな人もいれば、お尻の大きな女性が好きな人もいる。両方大きい人が好きな人もいるし。

私が日本にいた頃、自分のお尻は大きいもんだと気にしたりしていたんですが、オーストラリアの多民族基準でいうと、超ちっちぇ、らしい。そして私の体型自体、細身ではあるんですが、オーストラリア多人種基準でいうと、ただのスキニーだと。(スキニーというのは女性的魅力があまりない意味で使われることが多いです。細すぎ、痩せっぽちって感じ)

日本での日本人のキレイとされる体型美の基準は画一的で、つまり、なにより細い、ということが美しいとされ、かつ同性の女性から一番羨ましがられるポイントだと思うんですが、ここシドニーではマイナスの方の印象が強いので気をつけてください。日本人の体型美=細身、これは私は、無意識のうちに細っちょろい日本人男性に合わせられた基準じゃないかとさえ思います。海外から見ると、日本人男性の細さは異常だからです。若ければ若いほど細い。なんじゃあれ。年齢を重ねると生活習慣から少し横に広がりますが、鍛える習慣があまりないので=中年太りという枠にいれられてしまう。ある程度脂肪がついた状態で体を鍛えると、それこそライザップのような肉体美に近づく最短距離だと思うんだけど。細い人がライザップ体型になるにはまず筋肉に変えるための脂肪が必要なはずだから。話がずれました。

オーストラリアに来ると、美の基準は本当に様々で、けれど日本人基準の細いよりも太い方が日本人女性ははっきり言ってモテます。海外では太め=グラマラス、とプラスに捉えますから。本当に。それでも日本人の太めは海外基準でいうとまだまだ細いくらいだけど。アジア人以外の男性は基本的に背も高く中肉中背な体型が多い、そして日常的にエクササイズをする習慣がシドニーでは流行っているので、いい筋肉を持った男性も多いです。こういった男性からすると、日本人女性の細身は細すぎて女性的じゃないらしいのです。

体型だけじゃなく、肌の色や質も様々。美しいビーチが点在するシドニーは、健康美として褐色肌が印象がいいように個人的に感じますが、それも人それぞれ。日焼けしたいのにすぐに真っ赤になっちゃって褐色になれない肌質や、そばかすができやすい肌質、ブロンズ系の肌質、黒に近い肌質に、徹底的に焼けたくない中国・韓国・日本人。(美肌=白、という基準の日本・韓国、そして白=お金持ちの証、という中国人、らしい)多種多様な肌質肌色の人たちが混在して、お互いの価値観を尊重しているのが多民族国家オーストラリアの素晴らしい特徴だと思います。

これだけ外見美の価値観が混在しているので、そもそも人と比べるということがまず無意味です。そのためか、様々な人が自分らしく自由に生きていて、狭い日本の東京という超画一的な価値観で30歳まで窮屈に過ごしてきた私には、とてもとても居心地がいいです。

今日は夏日のビーチで、思い切りトップレスand/orTバックといったスタイルの女性を見かけました。フランス人、ブラジル人女性に多いスタイルです。見慣れてるけどやっぱりガン見しちゃいますね〜。憧れと共に。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする