なぜオーストラリアの人たちは雨が降っても傘を使わないのか

Pocket

こんにちは、ローラです。

ここシドニー、昨日から今日にかけて珍しく雨が降り続けています。普段、日本のように一日中雨が降り続くということがあまりないシドニーなんですが、季節の変わり目にこういった雨の日が続くようで、寂しくも夏の終わりを感じています。

オーストラリアの傘事情

日本からきた人のほとんどが驚くと思うんですが、こっちの人は本当に傘を使いません。多少の雨ならフードをかぶって早足、土砂降りならさらに傘の意味がないと思うのか、走って濡れる。




利用者が少ないオーストラリアでの傘の流通

ほとんどの人が傘を使わないので、傘もあまり売られていません。日本からオーストラリアに初めてきた時、荷物の都合上、ふつうの大きな傘は当然持ってこられなかったので、傘を買いにデパートを回ってみたんですが、まあない。あっても、デザインがもう。。。なので購入を諦め、念のために日本から持ってきた折りたたみ傘がとても重宝したことを覚えています。一方、アジア人は傘が好きなようで、アジア系の雑貨屋&スーパー、日系スーパー、ダイソーとかでは折りたたみの傘やビニ傘を簡単に入手することができます。安い分、すぐに壊れやすいから、長く使いたい人は日本からしっかりした折りたたみ傘を持ち込むことをおすすめします。

そして、たとえ折れたところで気にしない。誰も頻繁に買い換えない

とはいえ傘が多少壊れたところで、見た目(というか人の目)をあまり気に留めない人たちばかりなので、傘の骨が折れようと雨がしのげる限り、壊れた傘は普通に使われています。私の日本から持ち込んだお気に入りの折りたたみ傘も、海風の強風で一部がポキっといってしまいましたが、まだ使ってます。日本じゃたぶん捨てていたはず。けれど、誰も気にしないこの環境に慣れてくると、私自身、頻繁に傘を買い換えることがなくなりました。結果的に、傘が売れないという状況を生み出しているのかもしれない。

傘の使い方を知らない人っているんだ、ということも海外で発見

ご多分にもれず、私のオージーの彼も傘を使わないので、まあ傘の使い方がヘタ。傘に慣れた私たちからすると、風がくる方向を感じてこう、傘の向きを変えるでしょ? それができない。ある時、近所のショップに二人で出かけました。かなりの雨が降っていたので大きな傘の中に一緒に入りながら。背が高い方が傘を持った方が便利だからと思って彼に傘を任せたんですが、ことごとく風にあおられ、傘をさしてるのに二人してびしょ濡れ。まさか大人になって、彼氏に傘の使い方を教えると思わなかった。指導するも引き続き傘が飛ばされそうになっているので、諦め私が持ち手を引き継ぎました。得意な方がやればいいってことで。まさか、傘の使い方を知らない人がいるなんてと驚いた一幕でもありました。

なぜ傘を使う習慣がない? そもそも雨に濡れても平気でいられるのか?

オーストラリアにきて6年が経ちましたが、私も傘の使用頻度がめっきり減りました。そもそも雨が一日中降り続くことが滅多にないので、傘を持ち歩く必要がないのかもしれないと感じています。

そしてもう一つ大きな違いに気がつきました。オーストラリアの雨、日本と違って濡れてもベタベタしないんです。これが雨に濡れても平気な所以だと思っています。

ついでに言うと、濡れた洗濯物をそのまま乾かしても日本のような雨臭さが残らない。オーストラリアの雨の質がもしかして日本のそれと大きく違うのかもしれない。

さいごに

傘=Umbrella には、RもLも入っているので英語舌の強化に便利です。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする