TRV の現実 高額申請料とたった1年の滞在

Pocket

2年前にチャイルドケアの学校を選ぶ際、
このTRV制度が学校についているかどうかというのは、
将来の永住権を考える上でかなり優位に思え、
私はMEGTという大手の私立専門学校に通うことにしました。

TRVというのは、別の記事にも簡単に書きましたが、
TRV:Training and Research Visa


学生ビザでオーストラリアに滞在しているインターナショナルスチューデントは、
学校を卒業するとおのずとオーストラリアに滞在できるビザも切れます。
学生ビザなので学生が終わると当然ビザも終わるのです。
せっかく資格をとってもオーストラリアに滞在&労働できないとどうしようもないので、
このTRVという学校が発行してくれるビザで1年、滞在&労働が可能になる、というもの。


そして、特定の専門職(チャイルドケアとか、調理師とか)に限り、
このTRVを使用して、学校卒業後もオーストラリアに滞在できるというもの。

大手の私立専門学校はこのTRV特典を発行できる資格を持っており、
そしてこれは学生集めにとても売りになるので、この点を全面に打ち出し、
うちの学校を卒業したら永住権につながりやすいTRVが取れるよ!と生徒を集めるのです。

これはちょっと余談ですが、
こちらにある無料留学エージェントも大手専門学校に生徒を紹介すると、
紹介料としてのマージンが学校からもらえるので、
大手の学校に生徒を送り込んだ方がお得なわけです。
* 実際のところ私は留学エージェントで働いたことがないので、
学校の規模によるバックマージンの金額に差があるかどうかははっきり知りません。
少なくとも、こちらの無料留学エージェントは生徒を学校に入学させることで学校からお金がもらえるシステムなのは確かです *

話を戻しますと、
生徒にとっても大手というなんとなくな安心感とこのTRV特典に惹かれ、
あまり深く調べもせずに(私がそうでした)ふわっと大手専門学校に入学してしまうのです。

ところが今、2年のチャイルドケアのコースを終了するにあたり、
私や私のクラスメイトは今後のビザの進路について大きく悩んでいますが、
このTRVに進もうとしているひとは誰もいません。誰もいないのです。

なぜか。

理由を以下に述べます。

とにかく高い!
2016年5月時点で申請料$5500でした。
そして、最近聞いた金額は$7500に上がったらしい。。
(↑もう少し精査します。。途中からTRVの興味が失せて学校の説明会に参加してない)

期間がたったの1年!
私がチャイルドケアを学び始めた2014年の時点では、
1年半の滞在が可能でした。(申請料も$3000程度だった)
ところが、いつのまにか制度は変わり、2016年現在、
TRVで滞在していい期間はたったの1年、短縮されてた。
たった1年の滞在のために上記の高額料金を払わないといけないのです。
やっと学費の支払いから解放されるというのに。もうやだ。

勤務先を変えられない!
TRVというのは、そもそもその資格に見合ったトレーニングをするためのビザなので、
ビザ申請時に、どの勤務先でこの期間中働くのかというのがとても大事になります。
ということで、ビザ申請時にここで働くのでビザちょうだい、とするからには1年間、
職場を変えることができないのです。もう書いていて、ほんとバカバカしい。

1年後、結局またビザ問題に直面する!
高額な料金を支払い1年、一箇所のセンターで頑張って働き、経験と自信を積んだところで、
そのセンターでそれ以降のビジネスビザをサポートしてくれるか。
よっぽど優秀ならもしかすると可能性はゼロではないかもしれません。
ただし、限りなく低い。
なぜなら、シドニーといった大都市でチャイルドケアのビジネスビザを発行するのに、
国が制限を設けているから。裏技もあるようなことを聞きますがここは一応、正攻法で。
次のビザステップとして考えられるのはRSMSというもので、
ただしこのビザの対象エリアは地方のみ。
シドニーやゴールドコースト、ブリスベンといったいわゆる大都市はRSMSの対象外です。
なので、シドニーといった大都市で学校を卒業し、
TRVを家から通えるようなセンターで終えたとしても、
そのセンターをRSMS先として使えない。
またゼロからRSMSの勤務先になるセンターを探さないといけない。もう誰か助けて。
(パースはRSMS先としても使えるみたいだからパースを拠点にしたら事情は違うかも!)

この条件で誰がTRVに進みたいというのさ!? 逆にメリットを教えて欲しい。

はっきり言いますが、
2年、しんどいチャイルドケアのコースに通うことができたのならば、
もはやトレーニングの必要はない、です。
この2年の間、2−3ヶ月に1回はイヤでも実習に行き、(MEGTの場合)
Diplomaになると課題が一層大変になるから、
普段から仕事先をチャイルドケアに変えます、みんな。
つまり2年のコースの間に、トレーニングを積んでるんです。
Cert IIIの資格さえ取れば、最低時給$25で働けるので、
そしてどのセンターもカジュアルで働ける人は大募集だったりするので、
アルバイトとしての仕事は簡単に見つかります。ほんとうに。

というわけで、
今すでにセンターで働いているクラスメイト全員、
いまさらこのTRVになんの意味も見出せない。
これがTRVの現実。TRVのカラクリです。
これを目的に入学したのに超無意味。
MEGT、授業が大変だから、もっと楽な学校にいけばよかった。というのが私の本音。
もう終わるからいいんだけれど。

私が学校を決める2年前、
こういったリアルな記事を見つけられなかったので、
この情報が誰かの役にたてたら幸いです。

じゃーTRVを取らないで、
どうやってチャイルドケアでオーストラリアに滞在してビザを取っていくのか?
私の模索している方法といくつかの選択肢は、また別途。

*2017年、このTRVビザ自体がなくなりました* 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター Maho より:

    はじめまして。突然のコメントすみません。
    オーストラリアでチャイルドケアを学んで、その後の働けるビザに繋げたいと思い、いくつかのエージェントさんに相談させていただいているんですが、このTRVにとても惹かれて、MEGTかSELCに留学を考えていたんですが、こちらのブログに出会って、ほんっとによかったです( ; ; )

    • アバター ローラ より:

      こんにちは、Mahoさん
      これからチャイルドケアを勉強されようとしているんですね!
      立ち上げたばかりのブログで、未だ操作がよくわかっておらず、この返信がうまく行くかもよくわかりません。
      がとにかく、TRVの実際のところ、の話を私も今まで見つけたことがなかったので、記事に起こしてみましたが、お役に立てて幸いです!
      結局2年もの間、頑張って大変なチャイルドケアのコースに通ってきましたが、学生が終わればこの国に滞在できるビザ資格もなくなるので、今私もクラスメイトも、卒業後のビザの話で持ちきりです。みんな気になるビザ事情、また進展があれば更新しようと思っています!
      MEGTかSELCなんですよね、TRVと言えば。私はこの2つなら断然MEGT派ですが(ただでさえ大変なMEGTの課題を大幅に上回る忙殺レベルがSELCという印象なので)TRVを取らないのであれば(おそらく取らないと思います)、他の学校も選択肢に入れてもいいかもしれません。
      &将来的に、卒業後RSMSを取得して永住権を取得するコースを考えると、初めからパースやキャンベラ(=RSMS対象エリア)を生活&学校の拠点にする、というのも一つの方法なように思えます。
      話が長くなりました。Mahoさんにとって納得のいく学校選びができますように!

  2. アバター Maho より:

    ローラさんへ
    そうなんですっ!ローラさんのブログに出会うまではTRVのことしか考えていませんでした。エージェントさんからも私立かTAFEの違いを教えていただいたりもしたんですが、卒業するだけじゃなくて、現地でその後のビザのことを考えるとTRVは、やっぱり、とっても魅力的に思えてしまって。でも、ローラさんのおかげで不安に思っていたことがとてもクリアになりました( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    ありがとうございます♡

    そうなんですね。今は、ローラさんもクラスメイトの方もビザのことを模索しているんですねー

    TRVを考えずに、学校のことももう一度、考えてみようと思います。
    費用は高くなりますが、TAFEの方が良いとゆうエージェントさんもいたんですが、ローラさんは、TAFEのことはどうぉもぃますか?

    パースも実は、考えていました。
    パースにもTRVを取得できる学校があったので。でも、TRVなしでもパースとゆうのは、選択肢として、いいですね!!!

    ありがとうございます。

    • アバター ローラ より:

      現場の信頼度として考えると、高い順に、
      UNI > TAFE > College といった感じです。
      このCollegeにいわゆるMEGTやSELCやその他の私立専門学校が入ります。
      以前にちらっと記事にしましたが、http://eigojin-au.com/school-childcare-42
      、TAFEは昔からある公立学校なので現場での知名度は当然高いです。ゆえに信頼度が高い。
      ただし、TAFEもCollegeもコース終了時にもらえる資格は結局一緒なので、私はラクに資格が取れる学校をとにかくおすすめします。チャイルドケアの資格は地味に大変なので途中で挫折しては元も子もないからです。
      そして、卒業後のビザを考えると、使うかわからないTRV保証がある学校よりも、「卒業ビザ」が対象になる学校だかを選ぶことが一番有効だと思っています。私のクラスメイトの半分近くはTRVではなくこの卒業ビザを、卒業後のプランとして考えています。実は、早くこのとても美味しい「卒業ビザ」に関しての記事を上げたいのですが、情報を精査している状況で、、、かなり美味しいビザなので、ぜひMahoさんも調べてみてください!
      私はビザコンサルではないのでその手の専門的アドバイスはできないのですが、私の経験がお役に立てて嬉しいです。

  3. アバター Maho より:

    ローラさん
    こんばんは(´∀`)
    そうなんですねっ!!!
    とにかか、ラクに資格が取れる学校が、オススメなんですね。
    そうですよね。。。
    途中で辞めてしまったら、1番、ダメですよねっ!最初は、やっぱり、モチベーションも高いので大丈夫なのかもしれないですけど、ローラさんのブログを拝見してるとなかなか、ハードなんだな。ってすごく感じました。

    卒業ビザですか!!!
    ありがとうございます。調べてみますね♡

    Diplomaとゆう学位?以上の資格を取得して、2年以上、通学して、IELTS6.0のレベルとかが、条件にあるビザですよね?!

    詳しく調べてみますね♡