小さなカフェがTime Out Sydneyの『Most Loved Local Cafe』トップに輝いた5つの理由

Pocket

こんにちは、ローラです。

以前働いていた『The Lion and Buffalo』という近所の小さなカフェが、Time Out Sydneyの『Most Loved Local Cafe』のトップに選ばれました。ひっそりとローカルエリアに位置する個人経営のカフェとしては、ものすごい快挙です。

Time Out自体、人気投票でカフェ/レストランの順位をきめる媒体なので、この結果は、人気票をたくさん集めることができたという賜物ですが、なぜこんな小さなローカルのカフェが、星の数ほどある多くのシドニーのカフェを押さえて愛されカフェとしてトップに立つことができたのか、5つの明らかな理由があるのでここで紹介したいと思います。

TimeOutに掲載されたカフェのページ

理由その1:
オーナー自身の人を魅了する人間力

なんといっても、カフェのオーナーであるポーランド人のアナの『人を魅了する人間力』なしにこの快挙は生まれなかったと思います。このカフェはオープンから3年がたったところですが、オープン当初からお客さんを個人名で呼び、お客さんであるローカルメンバーと、しっかりとした絆を日々構築しています。私は限りなくオープニングスタッフに近いメンバーだったんですが、アナがお客さんの名前をしっかり覚えるまで、間違えても間違えても名前を覚えようとする姿勢に本当に感銘を受けました。アナ自身、人目をひくキレイなタイプの人なんですが、キレイなだけではなく誰からも好かれる愛嬌があり、彼女がカフェにいるだけでパッと空気が明るくなるというものすごい魅力を持っています。

理由その2:
ローカルを巻き込んでの多彩なチャリティイベントを開催

このカフェは、お金持ちが多く住む高級エリアに位置しているので、ローカルメンバーのお客さんは少し年齢の行ったハイソな人が多いです。つまり、時間とお金だけはあるというような人たちです。その人たちを巻き込んでの、チャリティイベントをカフェで頻繁に開催しており、イベントに参加することで社会貢献ができる仕組み(イベントの売上金のほぼすべてをチャリティとして寄付)を多くつくっています。社会貢献度が高いイベントは、そのままSNSを通じてお店の宣伝にもなるので、イベントの結果がまた人を呼ぶという好循環を生み、カフェのオープンから3年かけて、ローカル同士をつなげコミュニティの輪を確実に広げていっています。

理由その3:
徹底した味と質へのこだわり/頻繁なメニューの見直し

飲食店として人気を得るには、質の高い味をなくして語れないと思うのですが、当然このカフェもこだわりをもった料理を提供しています。ローカルカフェとしては少し高めの料金設定なんですが、舌の肥えたお客さんが多く住む高級エリアに位置しているので、オーガニックや和牛・サーモンといった高級食材を使ったメニューがお客さんからとても人気を得ていて、定番メニューとは別に季節に合わせた食材を使った新しいメニューも頻繁に展開し、常連さんを飽きさせない工夫もしています。食べられるオーガニックフラワーをお料理のデコレーションに用いたり、女性オーナー(あわせて女性シェフ)ならではなきめ細かさも光っています。

当然、コーヒーにもプライドを持っていて、オーストラリアではいま一番人気のSingle Oのコーヒー豆を使っています。このカフェで働くバリスタは、頻繁にこのコーヒーの会社の研修を受けるチャンスがあり、お客さんにも新しい情報をアップデートできるように日々研究しています。私も週に1度だけこのカフェでバリスタとして働いていたんですが、メインで働くチャイルドケアが忙しかったので、コーヒーの知識はあまり伸ばせられませんでした。。言い訳ですが。

理由その4:
質の高い愛のあるサービス

このカフェの接客スタイルは、典型的なフレンドリーサービスです。カフェのオーナーであるアナがお客さんを個人名で呼ぶのと同様に、スタッフもお客さんを個人名で呼んでいます。個人名を覚えてもらえる=ロイヤルティと感じるお客さんが多く、そして会話が弾みやすくなります。逆に、基本的にほとんどの常連客の顔と名前を覚えているので、新規のお客さんをすぐに見分けることもできます。なので新規のお客さんにはそれ相応の接客ができるわけです。たとえば、なんでこのカフェに辿りついたのかといったお客さんのストーリーを聞くだけで、話がものすごく盛り上がります。

カフェの周辺にあまりお店があるような場所じゃないので、満席の場合でも30分程度であれば待つお客さんが多かったんですが、人気に火がついた最近だと、混雑する週末は30分以上でも待たれるお客さんも増えてきたという悲鳴を、現在も働くスタッフから聞きました。そうまでしてもこのお店で食事をしたいという、主に常連のお客さんからのものすごい愛を返してもらっているみたいです。

理由その5:
スタッフ同士のコミュニケーションがしっかりとれていて仲がいい

働くスタッフ同士のしっかりとしたコミュニケーションも、質の高いお店にはなくてはならないものです。やっぱり仲が良くないと空気でお客さんにも伝わるんですよね。

余談ですが、オープニング当初は英語力を重視した、オージー、アイリッシュ、イングランド人といったスタッフが多く働いていたんですが、一般的にいってこの人種、ものすごいレイジーで自分勝手なタイプが多いように思います。チームプレイが絶対不可欠な小さなカフェの接客には、はっきり言って向いてない。このカフェも、オープニング当初はスタッフ同士の軋轢がたくさんあった。んですが、数年かけて働くスタッフを吟味していったようで、現在のスタッフは英語が母国語じゃない、コロンビア、スロバキア、ジャーマン、インドネシア人etcといった構成になっていて、確固としたチームワークが築かれています。

この人選は、曲がりなりにもカフェのマネージャーを経験したことがある私も納得の流れです。

*さいごに*

今回、観光名所のビーチから離れた場所に位置する『The Lion and Buffalo』というSouth Coogeeにひっそりとあるこのカフェの快挙を、働いていた身としてまとめてみましたが、私自身は今回の輝かしい結果にまったく驚きませんでした。とにかく、地元ローカルに愛されるカフェというか、ローカルを巻き込んで発展してきたカフェなので、オーナーであるアナの協力を呼びかける一声で、多くのローカルが動いてくれる(惜しまず、Time Out Sydneyに投票する)だろうなということは明確だからです。

アナは、SNS(主にインスタ)を上手に駆使してお店の動きを紹介しています。ローカルを巻き込んだ愛のある接客に興味があれば、ぜひ参考になさってみるといいと思います。私も日々、彼女からたくさんのいいエネルギーをもらっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする