シドニーでお得に花が買える場所をご紹介します

Pocket

こんにちは、ローラです。

オーストラリアの花屋では、基本的に1本売りをしていません。東京で青山フラワーマーケットに慣れていた私は、オーストラリアにワーホリできて、花の買い方さえ戸惑いました。

そもそもシドニー、花屋が東京ほど溢れていないんですよね。

じゃあ、どこで花を買うんだ

オーストラリアで、私たちが花を買う場合は、スーパーマーケットが一般的です。スーパーの入り口付近に、お花が束売りされています。同じ種類の花が束になって、$10〜$25。オーストラリア特有のワイルドフラワーだけは、アレンジされた状態で$25前後で売られています。

3日ほど前にスーパーで買ってきたガーベラ。1束10本入って$7と安かったので、2色分の2束買ってきました。

日本のようなお花屋さんもないわけじゃないけど、もうすでにアレンジされたブーケ買いが基本。そしてこれ、本当にセンスを疑う、なんでこんな組み合わせをしたんだっていうね、ものすごくひどいアレンジブーケが高額で売られているので、私は一度も花屋で花を買ったことありません。

まだまだ数少ないですが最近ではセンスのいいお花屋さんも少しづつ増えてきています。けれど結局ものすごく高いからなかなか手が出せないというところ。

シドニー内で花を安く買えるおすすめマーケット5

シドニーにはたくさんのマーケットがあります。その中でも、安く花を売っているマーケットが5箇所あるので紹介します。

*シドニーフラワーマーケット*
*Sydney Flower Market*

その名も、フラワーマーケット。シドニー内のほぼすべての業者がここに花を買いに来るという、本格的マーケットです。一般の私たちも入場可能です。月〜土曜日の早朝のみオープン。一応営業時間は11時までと公式HPには書かれているけど、朝9時頃にはほとんどの卸業者がお店を畳みだしてしまうらしいので、早めに(朝8時まえには)行った方がいいそう。

私は今まで車に乗れなかったので、一度も行ったことがなかったんですが、克服したので近々行ってみたいと思っているマーケットです。月・水・金・土がお花メインの卸業者が多く、火・木は、植木系の卸業者がメインでマーケットに入っているそう。

*Sydney Flower Market*
Open:Monday – Saturday / 5am – 11am

*キングスクロス オーガニックフードマーケット*
*The Kingscross Organic Food Market*

オーガニックフードをメインにした毎週日曜日にキングスクロスで開催されるマーケットです。野菜やパンといった食料品が売っているマーケットの中でも、ひときわ目立ってフラワーショップも入っています。一束$10前後の花束が所狭しと並んでいて、このマーケットを訪れるほとんどの人が、ここの花束を抱えて帰っていきます。


私の大好きなフランスのエシレバターも、ここのマーケットの一部で売られていて、それを買うためにこのマーケットにいつも来ていたんですが、毎回あまりにたくさんの人だかりがこのフラワーショップのまわりにできているので、いつの頃からか、私にとっても花を買うマーケットになっています。花目的なら、オープンの10時を狙って行くことをオススメします。少し遅い時間帯だと、花の状態が少しくたびれていることが多いので。

キングスクロスのメインロードに面した公園で開かれているので、パーキングは少し離れた住宅街のどこかを探す必要があります。電車の駅からも近いので、もしかすると電車で行った方が簡単かも。

The Kingscross Organic Food Market
Open : Every Sunday / 10am – 3 pm

*ボンダイ ファーマーズマーケット*
*Bondi Farmers Market*

ボンダイビーチの目の前にあるパブリックスクールで毎週土曜日に開催されるマーケットです。ここもキングスクロス同様、オーガニックな野菜や食料品がメインで販売されているマーケットで、その中でもひときわ目立つフラワーショップを見つけることができます。オシャレな場所柄か、置かれている花がとても華やかで映えるラインナップになっていると感じます。ただこれも場所柄か、マーケットのわりには大して安くない印象です。

ボンダイマーケットは、土曜日は食料品メインで、日曜日はファッションアイテムを中心に開催されているので、ビーチに遊びに行ったついでに寄ってみるといいと思います。

週末のボンダイビーチは、まず車は停められないと考えていた方が懸命です。パブリックバスがほぼ5分おきに運行しているので、バスを行かれることを強くオススメします。

Bondi Farmers Market
Open : Every Saturday / 9am – 5pm
Bondi Markets
Open : Every Sunday / 9am – 5pm

*ムーアパーク フーディーズ アンド ファーマーズ マーケット*
*Moore Park Foodies and Farmers Market*

毎週水曜日と土曜日に巨大なムーアパーク内の『Tne Entertainment Quarter』というエリア内で開かれている大きなマーケットです。まだ行ったことがないんですが、広い敷地内で開かれているマーケット内には、たくさんの食べ物屋さんも並んでいるみたいなので、ショッピングついでに芝生で食事もできたりするのかなーと思っています。

マーケットの入っている『EQ』エリアには2時間無料な2000台以上も停められる駐車場も完備しているそうなので、こちらも近々行ってみたいと思っているマーケットです。シティからもバスですぐです。

Moore Park Foodies and Farmers Market
Open : Every Wednesday and Saturday / 8am – 2pm

*エヴェレイ ファーマーズマーケット*
*Eveleigh Farmers’ Market*

かつて鉄道車両工場だった場所が改装されてアートスタジオやシアターコンプレックスになったキャリッジワークスという場所で、毎週土曜日に開催されているマーケットです。ここも大きなフワラーショップが入っていて有名ですが、私はまだ行ったことがありません。フラワー、フレッシュフード以外にもチーズやワインも売られていたり、マーケット内では有名なシェフによるクッキングパフォーマンスも行われているらしいので、ここも行ってみたいマーケットの一つです。

シティから15分程度のニュータウンのそばで開催されています。ニュータウンは最近流行りのレストランがたくさんオープンしていたり、個性的な古着屋さんも多く立ち並ぶオシャレなエリアです。マーケットついでにニュータウンを散策するのも楽しいかもしれません。

Eveleigh Farmers’ Market
Open : Every Saturday / 8am – 1pm

さいごに

茎が長いほど花の価値があがると聞いことがあったんですが、オーストラリアの切り花は、日本の切り花に比べてものすごい長い茎で売られているなーと感心しています。

せっかく買ってきたお花を少しでも長持ちさせるコツが2つあるそうです。
その1、私たちが毎朝新鮮な水を飲みたいように、毎朝新鮮なお水に交換してあげること。(花を弱らせてしまうバクテリアの発生を防ぐ目的があるそうです)
その2、切り口を毎日少しづつカットして、新しい切り口から毎日新鮮な水を吸収させてあげること。(オーストラリアの長い茎の切り花だと、なんどもこれができますね!)

たったこの2つのアクションで通常よりも切り花を長持ちさせることができるそうなので、ぜひ試してみてください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする