シドニーの冬はふつうに寒いので、暖かく過ごせるコツ・電気代を抑えられるヒーターをご紹介

Pocket

こんにちは、ローラです。

去年のこと。シドニー2ヶ月目という日本人男性がシェアハウスに入居してきたんですが、その彼が、ここまでシドニーが寒くなると思ってなかったと言っていました。彼が入居してきたのはシドニーの5月。まだ初冬だったので、本当の寒さはこれからだったんですが、それでも彼にとっては驚きだったよう。

はっきり言います。シドニーの冬はふつうに寒いです。

なんといっても建物内が寒いんです。

シドニーの冬は、日中でも太陽があれば20度を超えることも多々あります。日中はノースリーブの人もちらほら見かけるくらいで、日本ではまず見られない光景。なので一見、暖かそう。ところが、いったん日陰に入るとその気温差はものすごいです。とてつもなくひんやりしています。

なので日中、日差しの当たらない建物内は、室内の冷やされた空気と窓からの隙間風(こっちの家は建て付けもなんか悪い。窓から普通に隙間風を感じる)で、体感気温がものすごく低くなるというわけです。

地球全体規模の話なのか、日本同様、オーストラリア(シドニー)の気候も年々変わってきているようで、冬に至っては毎年寒くなってきていると、誰かが話していたのを聞いたことがあります。

昔は必要なかったのか、日本の家のように、各部屋の天井に冷暖房がついているといった環境がシドニーにいたってはまったく整っていません。私が歴代住んできたシドニーの家(アパート/一軒家)でも当然部屋には暖房がついておらず、軒並み冬は凍えていました。

*ちなみにシドニー内でも、高層マンションは室温管理ができる設備が整っていたり、オーストラリアでも冬が厳しい地域(メルボルンやキャンベラ)は寒さは死活問題なので、アパート(マンション)や一軒家にはハイテク設備がたいがい備わっていることが多いです。その代わり、電気代がものすごく高くなるという現実。(電気代だけで1日$50とかのレベル。。)

基本的なシドニーの家には備え付けの暖房がないので、自分でヒーターを用意しないといけません。ただし、光熱費がものすごく上がることを考えると、オーナーが嫌がる家/アパートも多く、使うことを制限される場合が多いです。

私の経験ですが、この高額光熱費を理由に、個人部屋でのヒーターの使用を(電気毛布の類も)一切禁止するオーナーがいました。私はこの一切禁止のオーナーがいる家にうっかり入居してしまい、冬の2ヶ月間を過ごす羽目になったんですが、あまりの寒さで熱を出すという稀な体験を人生で初めてしました。その後、これでは本気で冬を越せないと感じ、部屋で隠れて音のしないヒーターを使っていたんですが、うっかりオーナーに見つかってしまい退去するまでヒーター没収&結局ボンドも返してもらえなかったっていう苦々しい思い出があります。

ちなみに、ボンダイジャンクション近くの韓国人オーナーの家には絶対に住むな!ですよ。日本人に人気の語学学校SELCが近いこともあり&入居者募集にこのオーナーはJAMSを利用していることもあり、私以外にも4人の日本人がその家には住んでいましたが。

私は、はからずもヒーターなしで過ごすシドニーの冬の厳しさを知ったので、今、一軒家のオーナーとしてシェアメイトを入居させている立場からすると、過度にならない限りは個人部屋での使用も許可しています。

ただし、電気代がものすごくかかるヒーターと、意外と電気代がかからないヒーターがあると知ったので、電気代がかかる下記のヒーターだけは絶対に使わないようにお願いしています。

*電気代がものすごくかかるヒーター*

商品はKmartのサイトから。

このタイプは、ただ温風を送り出すだけのファンヒーターなので、とにかく電気代がかかります。安価で売られているので各国からのワーホリの人たちに人気なようですが、オーナーとしては絶対に使って欲しくないヒーターです。私もこれだけは絶対に買ってこないでと念押ししています。そして使うパワー(電気代)に比べて、部屋もぜんぜん暖かくならないのですよ。

*意外と電気代がかからないヒーター*

こちらの商品もKmartのサイトから。

いわゆる、電気ストーブのヒーターです。風を送ったり首を左右に動かしたりする機能がないものほど電気代が安くすみます。個人利用として、右側の小さいタイプのものを私はデスクの下などに置いて足元を温めるのに愛用してきました。高温になるので火事には注意ですが、小さな空間だと部屋全体すぐに暖かくなります。私は、温風で頭が痛くなる傾向があるんですが、この電気ストーブタイプだと平気だったので、似たようなタイプの人にもオススメです。

*ついでに、いわゆる『湯たんぽ』*

この商品は、Pricelineのサイトから。色を気にしなければ、Chemist Warehouseの方が数ドル安く売ってた気がする

地味ですが、デスクワークなどでこれを膝の上に置いておくだけでも、体感気温が大きく変わります。そして、この湯たんぽを2個くらい事前にベッドの中に仕込んでおくと、ベッドに入った瞬間がまじ天国なので、強くオススメです。光熱費を理由に、電気毛布の使用を嫌がるオーナーも少なくないので&個人として電気毛布の体への影響も気になるので、私はもっぱら『湯たんぽ』使用を推奨します。ご近所のドラッグストア『Chemist Warehouse』か『Priceline』に行けば、すぐに上記のような価格帯で見つけられると思います。

さいごに

冒頭でもお伝えしましたが、冬でも太陽の日差しの下はノースリーブでも過ごせるほどポカポカなので、日中の日差し、とくに西陽がはいる部屋はものすごく暖かくなるようです。羨ましい。こういった部屋を見つけるというのも、寒さ対策には大事かもしれません。その代わり、夏は鬼暑いって話らしい。

一方で、ワーホリ時代に住んでいた日差しがあまり入らないボンダイのアパートでは、室内が寒すぎてもう耐えられないと言って、同居人の友達はしょっちゅう日差しの当たる近所のカフェに出かけていました。あの頃の私たちは、部屋でヒーターを使わないことで光熱費を節約していたんですが、電気代がさほど高額にならない電気ストーブのヒーターの存在を知ってからは、冬の日常生活が一新したことを覚えています。

シドニーの冬は、雪こそ降らないまでもふつうに寒いんです。

上記アイテム以外にも、安く生活/日用品全般が揃う『Kmart』で、厚手の靴下やトレーナー、他にも足首まですっぽり入るルームシューズ(〜$15程度で購入可能)などを揃えておくだけで冬の凍える生活が大きく変わるので、シドニーで初めての冬を迎える方は、ぜひ検討してみてください。

シドニーにもユニクロがあるけど、輸入品になるのでバカバカしいほどに高いので日本から買ってくることをオススメします。ま、類似品はいくらでも『Kmart』で安く手に入ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする