ついに明日から3月。チャイルドケアRSMSビザの行方は

Pocket

こんにちは、ローラです。

ついに、明日から3月。
かねてより噂(確実視)されていたチャイルドケアDiploma資格でRSMSビザ(地方都市で働くことを条件に永住権が取れる唯一の道)が申請できなくなる、もしくは一旦持ち越しか、不安な正式発表が、明日以降の数日中にも発表される予定です。

私自身も、この正式発表の日までになんとかスポンサー先を見つけようとシドニーでのフルタイムジョブを辞め、キャンベラに単身移住し、新たな職場で3ヶ月間働き、スポンサーのオファーをもらえたものの、あまりの職場環境のストレス、そして、本当にこのままキャンベラで少なくとも3年近くも単身生活をしないといけないのかという点で覚悟が揺らぎ、結局全てを捨ててまたシドニーに戻ってきた、という経緯をたどりました。1月にキャンベラの仕事を辞めて以降、本当にRSMSに進まないで後悔しないのかという不安を押し殺し、オージーの彼、コーリーちゃんにまだ道があるはず、という希望にすがりながら今日を迎えました。

彼は過去に2回スポンサーをしており、結局どちらも破局しているから今、私が彼の隣にいるわけなんですが、法的には2回までがスポンサーできる上限とされていて、つまり、彼にはもう私にビザを与える資格がないということなんです。そして、ここがどうにかならないものかと今私たちは模索しているのです。もう何度もブログに書いていますが、私たち、5年も一緒にいるんです。にも関わらずこの上限のせいで彼が私を選べない、私が彼に選ばれないのはおかしいじゃないか!!! ってことでプロの移民弁護士を介して道を探っているのです。この結論はすぐに出そうな問題じゃなく、とても時間がかかりそうです。




そして、明日から3月。

私たちが修了した、もしくは今まさに勉強している方も含め、チャイルドケアの資格は、特にDiploma資格は、本当に大変な課題を一つづつクリアしてやっと手にすることができる物凄い努力の上に成り立つ結果そのものです。実際のチャイルドケアの現場を見るとEducatorsのほとんどが、働ける最低資格のCertificateIII保持者ばかり。それは地方に行けば行くほど如実で、いくら条例で各部屋に最低でも一人Diploma保持者を揃えないといけないとしたところでキャンベラでの現場はまったくままならない状況でした。

それなのに、外国人留学生からお金を徴収し、2年もの間、資格を目的に学校に通わせ、やっと資格を得た先に、この国に残って働くためのビザ選択肢が残されてないとか、ヤクザでしょ。 *ヤクザと化すか、正式な改正法の発表は明日以降

仕事がきついと言って、ローカルの若い人たちはなかなかチャイルドケアで働こうとせず、現場は移民に頼らざるをえない状況。そこに、数日以内に発表される改正法によって今後は新規の留学生が介入してこなくなるとすると、この成長し続けるチャイルドケアビジネスにおいて働くスタッフが足りなくなることは明らか。現在もまた、法律で定められた最低時給の$21は安すぎると言って、労働組合が3月にも全豪でストライキを起こすことを発表していて、全体的にとても不安定。果たして時給を上げたからと言って、新しいローカルの人たち(特に若者)が入ってくるのか。ていうか、Diploma資格まで取れば、時給はそれでも最低$25に上がるし、みんな頑張って勉強しろよって他国から来た私からすると思うんだけれども。

とりあえず、私はシドニーにまた拠点を戻し、いい加減また仕事を始めないとと思っています。将来に繋がるビザの行方はまったく不安定ですが、2019年の4月まではフルタイムで働ける卒業ビザが支えてくれているので、とにかく働いて万が一のためのお金を貯めないと。

明日以降に発表される移民法改正が、この国で努力しているたくさんの人にとっていい方向に向かうことを願うばかりです。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ノリ より:

    卒業ビザ2019年の4月までとは私と全く同じですね。
    私もRSMS変更前に申請にたどり着きたくて会社トップからスポンサーオッケーもらったのですがそのHRが書類集めるに多すぎるだとかやる気無く結局3月まで無理だから諦めてくれって。。。は?オージーはどこまでおかしいの!?って今に始まったことではありませんがオージー不信全開です。

    • ローラ より:

      ノリさん 初めまして。私たちは限られた時間の中でがむしゃらに食らいついているのに、オッケーからの無理、、、ノリさんのお気持ちを考えると、辛すぎます。
      3月のRSMSの改変、まだ特に発表されていないみたいですね。どれだけ多くの人がこの影響を受けるのか。今までの苦労・努力がムダになるようなことにはならないことを願うばかりです。