オーストラリア生活6年 日本から持ってきてほしいもの

Pocket

今日がDueDateだったプレゼンが結局間に合わず、、来週に持ち越しになりました。コース最終課題だったこのプレゼンを終えたメンバーは、さぞかしこの金夜をいま、そしてこの週末を思いっきり楽しく過ごすことでしょう。私ともう一人のクラスメイトは来週までその気分はお預けです。いつもクラスの底辺を徘徊していた私に至ってはこの遅れた状況にも若干慣れっこで、まあいいかといったところですが。。

来週末、コース終了と同時に日本から大好きな友達がシドニーに来ることになりました。シドニー(オーストラリア)は物価がとても高いので個人的にあまり旅行先としてはオススメできず、今までも誰かが旅行を検討をするたびに、私はもっと他の場所に行った方がいいと主張し続けてきました。今回の友達は、私をメインに訪れてくれるので、ワクワクが止まりません。

2週間ほど滞在できるらしく、シドニー観光はもちろん、今までずっと行きたくて行けなかったバイロンベイをメインにとりあえず1週間旅行に出かけようと思っています♪☆♪ チャイルドケアのコース中(約2年)は、その学費も高いのでなかなか旅行に出られなかったなーー。その負担からやっと解放されての初旅行に、大好きな友達と出かけられることをとてもとても幸せに感じます。

せっかく宝の国、日本から友達が来るのだからと、持ってきてほしい物を必死に考えてみているんですが、ここシドニー、けっこう日本の物&食材は普通に手に入るんですね〜。もちろん日本でも価値の高いお取り寄せ食材などはこっちでは当然入手不可ですが、納豆とか味噌汁とか油揚げとか、あとなんだ、日本米とか簡単パスタソースとか? 私がオーストラリアに来たばかりの頃(2011年当時)、日本で食べるラー油が流行っていてそして実際品薄状態だったけどその数ヶ月後ここシドニーでもふつーに陳列されていた。その他とにかく一般的調味料や定番のラーメン&お菓子類はふつーに手に入る。3倍の値段だけど、手に入るから別に困らない。ユニクロもZARAもH&Mも無印もここ数年のうちにすべてシドニーに進出してくれているので、衣類系も特に困らない。ユニクロ、無印も結局3倍価格なので買わないのだけれど。同じく3倍価格で、日本のダイソーもシドニーには4、5店舗あるし、100均の3倍だからシドニーで買っても大怪我にはならない。わざわざ友達にお願いするほうが逆にうがった怪我をしそう。日本から何を買ってきてもらいたいか、、困った。ない。

そう、ないの。。。

もちろん、日本の包丁とか江戸切子のグラスとか、タイガーの炊飯器とかはあるけども、今は生活レベルが追いついていなく、まあそれもいいかという感じ。

物欲が減るというのは、海外生活の実にいいところです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする