キャンベラでの家探し お給料とレントの予算とバランス

Pocket

こんにちは、ローラです。

キャンベラでの仕事スタートの日が決まりました。それに向けて、具体的に住まいを考えなくてはいけなくなってきました。フルタイムの仕事を得ることができたことは、その職場に通いやすい拠点に住まいを構えることができるので、特にまだ車通勤ができない私にとってとても大きなメリットです。

時給が$25と決まったことを受け、実質のお給料が今より下がってしまうので、レント(家賃)の予算を再度考えないといけない。頭がいたいです。時給$25.00x37.5h=$937.5/w。ここからTAXが引かれるので手取りは$800/wくらいになると思われます。




私の知る限り、部屋探しには2通りの方法があって、一つは、誰かとシェアして住む、もう一つは、不動産屋から直接借りる、というものです。

予算を限りなく低く抑えるなら、誰かとシェアして住むというのが一番手っ取り早い方法です。シドニーでもお馴染みの「Gumtree」というコミュニティサイトで、予算に合わせて簡単に探すことができます。そして基本的な家具は全て揃ったところにただ入居するだけなので、余計な初期費用が全くかかりません。ざっくり希望エリアを検索しただけでも、$150〜200以下の予算で割と広めなオウンルームを何件も見つけることができました。ただし、アパート(もしくは一軒家)自体は誰かとのシェアなので気を使うという点が、年齢のせいか、とても億劫に感じてしまう。チャイルドケアって何かとストレスの多い仕事なので、仕事が終わるとほんとぐったりなんですよね。。

そしてもう一つの不動産屋から借りるパターンは、完全に私個人のアパートメント。プライバシーやストレスフリーな分、当然予算はシェアより高め。個人契約には「allhomes」という不動産検索サイトに、わりと多くの物件が揃っていて便利ということを友達から教えてもらい、キャンベラの物件を検索しまくっています。そしてわかったことは、私の職場のエリアはキャンベラの都心から少し離れているので若干予算は抑えられそうということ。ワンベッドルームで$350〜400がだいたいの相場っぽい。ふむ。個人契約は全てが自分の思い通りになる分とても気が楽なんですが、このレントに加え、ほとんどの物件は家具ナシなので、入居時に合わせて最低限の家具も揃えないといけないのも、全く家具を持っていない私からすると大きな出費。




そして近い将来、ルームリーダーになった暁にはビザ費用として$10,000もの出費が控えてることを考えると、この額はしっかりプールしておかないといけないので、あまり貯金額に余裕のない私は、お金面での不安は極力減らしたいところ。

それにしても、本当に出費ばっかり。やっとチャイルドケアのDiplomaを無事に卒業し、2年で約200万円近くの学費の支払いが終わりだと思って晴れ晴れしたのもつかの間、この資格を使ってフルタイムで働くための必要な卒業ビザにかかった費用が約50万円。継続してフルタイムで働いて貯金が増えてきたと思ったら、来年3月以降、永住権に関わるRSMSのシステムが変わるかもしれないからとそれまでにRSMSビザを取得できるよう準備しないといけない=100万円の出費予定。なんだかんだ永住権を取得するまでに300〜400万円の出費が最低でもかかっているということです。これが安いのか高いのか。パートナーからさくっとビザをもらえる人が本当に羨ましいです。まーおそらく簡単にビザをもらうことができていたら、私はここまでチャイルドケアの学校や仕事を頑張って来れなかっただろうし、今こうして自分でフルタイムジョブのオファーをもらえるまでの力をつけた(あ、紹介だった〜)ことを考えると、必死になることでたくさんの経験と生き抜く力をつけてこれたのかな〜と感慨深いです。ま〜結果的に大いにプラスになってるわって考えないとやってらんない。

話がそれました。金銭面を考えると、そしてなんだかんだ割と頻繁に週末はシドニーに戻ってくることを考えると、シェアルームが最も妥当なんでしょうが、個人の部屋を借りたいのが、今現在ハウスシェアをしている立場としての渇望です。

具体的な部屋探しは、今の仕事をやめたあと、新しい仕事を始めるまでに1週間ほどバッファ期間を設けたので、その期間中に、シェアと不動産物件と両方のインスペクションをできる限り多めにブッキングして、職場からそう遠くないところで確定しようと思っています。確定までの期間中は、Airbnbを利用しようかと考えています。

とりあえず、キャンベラに向けて、いろいろ動き出しました。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする