オーストラリア 車検(レジョ)更新料 NSWとACTの違い

Pocket

こんにちは、ローラです。

キャンベラ移住のために10月初旬に中古購入した車の車検が約10日後の12月中旬に切れます。車検が切れると車に乗れなくてキャンベラの生活上とても困るので、めんどくさい&出費だけれど切れる前に更新しないといけません。出費ばっかりだー

オーストラリアの車検はRegistration(レジストレーション)、略してRego(レジョ)と呼ばれていて、半年か1年更新か選べるみたいです。以前、中古車を個人から購入した際に、レジョの所有者変更の手続きにナンバープレートの登録のあるNSW、シドニーの家の近所のロードサービスに行ったんですが、その際に近い将来キャンベラに住むことになるんだけど、レジョ更新はどっちの方が安いかどうか窓口の人に聞いてみたんです。その窓口の人曰く、詳細の値段はわからないけどNSWは全てが高いから、ACTの方が安いでしょ、と聞いて、今回の更新時はナンバープレートがACTのものに変わるけれど、キャンベラ枠で更新しようと思っていました。




ところが今日、レジョ更新のための手続きであちこちに問い合わせをしたら、トータル値段がほとんど変わらないことが判明しました。。うんと安くなると期待してただけに当てが外れたよーん。

NSWでのレジョの1年更新は、一般車でだいたい$1,000前後かかると言われているみたいです。内訳は、ピンクスリップと呼ばれる整備&証明書発行に一律$40くらいと、グリーンスリップと呼ばれる強制保険(日本でいう自賠責保険)に$550〜$700。レジョの更新手数料として$300くらい。

グリーンスリップ(強制保険)の値段の幅は、過去の違反具合によるみたいで、かろうじて運転初心者&今のところ違反のない私は最低金額の$550くらいが適応。そうするとざっくり計算でトータル$890という見積もり。

うんと安くなると期待していたキャンベラのロードサービスに電話で聞いてみたところ、レジョ更新手数料とグリーンスリップ合わせて一律$960っていう驚愕の回答。ここにピンクスリップと呼ばれる整備の手数料がキャンベラは一律$80くらいらしいので、NSWでは強制保険に安い値段が適用される私にとって、ACTでのレジョ更新は全然安くない、どころか、微妙にNSWを上回るっていう結論。。。。。

一応ACTの法律的に、3ヶ月以上キャンベラに住む場合には、ACTのナンバープレートに変える必要があるとされているけれど、毎週シドニーに戻る家があって、もろもろの住所もシドニーのままな私には別に関係ないと判断。

なので今回のレジョ更新、NSWのままにすることにしました。ただし、登録住所を彼の持つ田舎の住所に変更することで、個人で加入している保険料(任意保険)は確実に下げられるらしいので、そういう方向で進めることにしました。

ピンクスリップ(車の整備証明書)のためのCar Inspectionの予約をキャンベラの近所のCar Serviceで明後日、取ることができました。だいたい40分くらいで終わるそうで、朝9時から仕事だからそれまでに終わらせられないかと聞いてみたところ、営業開始時間の7時半に予約を入れてくれました。車で10分の距離、キャンベラ(ACT)にある整備会社なんですが、この会社はNSWのピンクスリップも発行してくれるそうで、いろいろと勉強になります。もともと別会社にACTの発行で予約を取っていて急遽NSW発行に変えてくれないかと聞いたら、この店舗ではできないと言われたので、姉妹店のようなこの会社を紹介してもらいました。

6年以上オーストラリア生活をしていますが、いまだに、電話での英語がめっぽう苦手なのでいつもビクビクしながら携帯を耳に当てています。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする