RSMSビザ はまだだけど キャンベラへ移動

Pocket

こんにちは、ローラです。

先日、日〜月で、初キャンベラに行ってきました。



予定していた2件のルームリーダーポジション(=RSMSに必要なポジション)のインタビューを受けて帰ってきましたが、ただのジョブポジションと違って、ルームリーダーを探している先方ディレクターからのインタビュー内容が濃くて濃くて、かつディレクターからの最後の挨拶の弱さに、がっくりして帰ってきました。なんていうか、掴み損ねた感。

初めて行ったキャンベラ自体は、オーストラリアの首都だけあって政府機関の建物が多く、そして首都にされたために建設された新しい建物が多く、道もとにかくワイドで、「綺麗で広々とした街」という印象を受けました。住んだことないけど、日本でいう札幌っぽい印象。とにかく道が広かった。なので、ワンブロック隔てた距離が結構遠い。面接のためにたった2件のセンターをはしごしたんですが、それだけでも車がなくて大変でした。時間通りに来ないバスと30分以内で歩けそうな距離なら徒歩、そして10分でつけそうな距離ならUberを駆使して移動しましたが、これは車がないとキャンベラ生活は何においても不自由だろうな、と実感しました。道が広いので、これはペーパードライバー克服のいいチャンスかもしれません。

キャンベラの中のシティと呼ばれるエリアには、ショッピングセンターやレストランが軒を揃えているので、すでにRSMSジョブをゲットした友達に迎えにきてもらって、シティ内で彼女と時間を過ごしました。どのエリアがアパートが多くて一人暮らしの物件を見つけやすいとか、クラスメイトの誰々はキャンベラのここに住んでるとか、いろんな情報をもううことができてありがたかったです。

まずは面接結果を待ちますが、ジョブゲットできなくてももう、キャンベラに移住しようと思っています。今回、初めてキャンベラを訪れてみて、チャイルドケア自体の数の多さを実感しましたし、友達曰く、同時に人の流れも激しいそうなので、思い切って移り住んで、ジョブゲットのチャンスを広げたいと思っています。今のフルタイムジョブを蹴るのは収入的にも不安定になるけど、フルタイムで働いている限り、面接の日程を組んだりシドニーからキャンベラに面接のたびに移動しないといけないのが大変で、思い切って仕事をやめることにします。おそらくカジュアルジョブならどのセンターでも人が必要だろうし食いっぱぐれになることはないはずー

って話を休み明けに今のディレクターに伝えたら、困った顔されたー。実は来月、恐怖のアセスメントが入るから、来月いっぱいはどうにかいてくれないかって。その代わり、いつ、例えば明日また面接のために休むって言われても休んでいいからっていう譲歩。3月に法律が変わるかもしれないからこの条件はお断りしてキャンベラに飛ぶことに揺らぎはないけど、もうただでさえ言いづらい状況で正直に話してるんだから、受け止めて欲しい。。

2週間後に辞めることでどうにか調整をとって、キャンベラに移住します。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする