チャイルドケアでのペーパーワーク をついに任されます。

Pocket

こんにちは、ローラです。

今日働くセンターのルームリーダーから、今後のフルタイムシフトに向けて、今までのEducatorsが記録しているObservasion Sheatに目を通す時間をもらいました。40分ほどオフィスにこもり、今後配属される2−3歳児グループのフォルダーに目を通してきましたが、なんというか、ついにこの時が来たかと、緊張と興奮が入り混じった感覚になりました。

カジュアルジョブとフルタイムジョブの違いは、もちろん、固定で働く時間の違いが大きいのですが、それと同時に、責任感や仕事の内容が大きく異なります。当然カジュアルは、その場しのぎ的な存在なのでペーパーワークといったことはどのセンターでも任されません。一方、フルタイムは当然、ペーパーワークを他のフルタイムスタッフとシェアしながら進めていくことになり、責任感と仕事内容の濃さがまるでカジュアルと異なります。

私は将来のRSMSに向けて、しっかりとした経験を積んでおきたいと思い(今まで働いてきたセンターが超適当すぎて、フルタイムスタッフでさえ大したペーパーワークをしていなかった..)、数ヶ月前にちゃんとしたセンターへ移る決意をし、そしてこの新たなセンターで数週間働いたのち先日フルタイムのオファーをいただきました。これはとても有り難いオファーで、このチャンスを逃すのは勿体ないと思い、喜んで享受させていただいたんですが、実際問題、私、ペーパーワークって学校の課題以外やったことないので、いざ、ペーワーワークをする一員になるこの段階になって、少々怖気づいています。正直、ついにこの時が来ちゃったよっていう感じ。




けどきっとこの、チャイルドケアで働くなら当たり前のペーパーワークをこれから時間をかけてソツなくなくこなせるようになることで、近い将来、うんと自分に自信が付くはずなので、新しい責任を持たせてもらえることに同時に少しだけワクワクしています。これでやっとEducatorの一人に認めてもらえるような感覚。

英語でしっかりと文章が書ける人には、ここら辺の苦労は無のはずなんですが、私の場合は相変わらず不安が先にくるので、与えられる時間内に、仕事できるかな。。という大きな不安が興奮と同時にワシャワシャしています。

たぶん来週以降、Observatin含めたペーパーワークが徐々に発生していくと思うので、また追って記事にしたいと思います。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ふみ より:

    ローラさん、こんばんわ。以前にもコメントしました、ふみです。
    フルタイムのお仕事、お疲れ様です。ローラさんのブログは今現在サテイフィケート3の勉強をしている私にはとても参考になります。実習先についても以前お伺いしたのですが、メルボルンではすでに生徒がいっぱいですべてに断られました。しかし、同じ日本人の方のコネで何とか受け入れてくれそうな所があった次第です。
    ライティングのペーパーワーク、難しそうですね。私もライティングは出来ないのでまた参考程度に記事にしていただけると助かります。
    よろしくお願いします。

    • ローラ より:

      ふみさん お久しぶりです。実習先を見つけるのがそんなに大変だったんですね。紹介されたセンターとの相性がいいことを願っています!!! Observatinの方法やPortfolioの作成の仕方もセンターによってまちまちなんですが、今働き出したセンターはとてもいろんな面で充実しているので、またペーワーワークが慣れた頃にも記事に起こせられればと思っています。コメントありがとうございます!!!