キャンベラに住む 強行ペーパードライバー特訓 2

Pocket

こんにちは、ローラです。

昨日に引き続き、コーリーちゃんを助手席に乗せ2日目のペーパードライバー特訓を受けてきました。今日は家の近所の普通に交通量もありつつ片側両車線、車が停車している状況の運転、その状況下でのバスとのすれ違いとかっていう車幅特訓を行いつつ、車線変更の多い一般道でのウィンカーの出すタイミングとか使い方とかってのを主に特訓しました。




って言っても、車幅なんぞ昨日の今日で身につくわけもなく、あまりに他車両に近づきすぎると彼が横から鋭くハンドルを切ってくれるので、実際のところ私のざっくり運転と左右との距離感をつかむまでには当然至ってません。車線変更に至っては、ウィンカー出すは、ミラーのあちこち確認だわ目視だわ、ハンドルを切らないといけないわ、そしてハンドルの切るタイミングやどんぐらい回していいのかもまったくもって手探り状態で、多忙MAX毎回パニック。

今日本当は、縦列や駐車の仕方とかっていう日常で使う小技を学びたかったんだけど、今日も昨日の延長線上のレッスンで終了しました。

また明日から1週間の始まりです。強行ペーパードライバー特訓は、コーリーちゃんが仕事を終えて帰ってくる夕方6時以降から1−2h程度、連続5日間行う予定です。そして来週末、コーリーちゃんドライブ先導(別車両)のもと、シドニーから300km離れたキャンベラへ自分一人で運転する車両で向かうことになりました。まー、先導する車を追えばいいだけだから、なんか行けそうじゃんって大船の気分です。これだけでもすごい成長。

再来週の月曜16日から、新しい職場@キャンベラでフルタイムとして働き出します。そのために、今週の平日どこかでバスを使った日帰りキャンベラで新しい職場にSay Helloする予定です。仕事初日の当日にわちゃわちゃしたくないので。

相変わらず変化が慌ただしいんですが、ペーパードライバーから実際に運転っていう今までの自分になかった始軸がたった二日で動き出したことによる、あれ?やったらできちゃったっぽくなってるじゃんっていうものすごいポジティブ効果に不思議な感覚でいます。私が枯渇してきた英語力っていうのは実際に英語圏に6年住んでいてもなお勝手に伸びてくれるわけじゃなく悶々としていてけれども、最初の一歩がないとなにも始まらないわけで、とにかくも始めることの大事さを改めて実感しています。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. けい より:

    スゴい!えらい!
    私は運転歴17年ですが、こちらでフリーウェイ?は無理です。 速くて怖いです。しかも30分以上運転も怖くて出来ません…
    近所のお買い物と学校の行き来で終わりですね。
    頑張ってください!

    • ローラ より:

      けいさん  Praiseありがとうございます! へへへ気持ち上がりますね〜。行きたくもないキャンベラに行くからには何かプラスにしたいって気持ちが背中を強く押してくれています。けいさんも車のある生活なんですね。高速も、合流と車線変更にアタフタしますが、けいさんほどの歴があればきっと大丈夫なはずですよ。なかなかきっかけがないと最初の一歩は踏み出しにくいものですが。コメントありがとうございます。