海外生活 炊飯器を使わずにお米を炊く方法は簡単だから覚えておいたほうがいいよ

Pocket

そろそろ夕食の準備でもしようかなーと思ったら、
先にイタリア人のファビオがキッチンを使っていました。

シェアハウスではよくあることです。

あとどれくらいで終わるか聞くと、
ちょうど終わるところだ、というので、
キッチンの片隅を使って、料理の準備を始めることにしました。

照り焼きチキンの野菜炒めと白いご飯を作りたかったので、
まずはご飯の準備、と思ったら、ファビオが炊飯器を使っていた。。

炊飯器を使いたい日がバッティングすることは、
あまりないことなので、一瞬迷いました。

夕食のメニューを変えるか、
ファビオにその炊飯器を使いたい旨を伝えるか、

いやー。どちらも現実的じゃない、、と思った矢先に思い出しました。

お鍋でお米を炊く方法。

住む家によって、炊飯器があるとは限らず、
炊飯器に出会うまで、私はこの方法でずっとお米を炊いていました。
便利な炊飯器慣れしてすっかり忘れてたけど、
お鍋でお米を炊くのも簡単なので、やり方を共有します!

お鍋でお米を炊く方法。

コツは3点。
お米とお水の分量を同じにする、炊く前の30分浸水と、炊けたらしっかり蒸らすだけです。
そして、手順は以下のとおり。

  1.  蓋つきの鍋を準備
      途中で蓋を開けずにお米の状態を確認したいので、
      蓋は、中身が見えるガラス仕様のものが便利です。
  2.  お好きな分のお米を計量、そしてお米を研ぎます。
      計量カップがなくても、一般的な大きさのコーヒーカップで十分。
      コーヒーカップのすり切り一杯が、お米の1合半分くらい。
      私は3合分(コーヒーカップ2杯分)くらいを毎回炊いて、
      そしてかなり余るのでその分は冷凍に回しています。
  3.  適当にお米を研いだら、30分くらい水に浸けておきます。
      これをすることで、炊き上がりふっくら仕上がります。
      逆に省くと食べる時にお米の中に芯が残ってしまいます。試してみて。
  4.  30分ほど経ったら、ネットなどでお米の水をしっかり切って、鍋に入れます。
  5.  計量したお米と同じ分量のお水を同じ鍋の中に入れ、蓋をして、準備完了。
  6.  点火!!強火!!
  7.  吹きこぼれても2−3分そのまま強火で放置。
      10分もしないうちに蓋がぐつぐついって、吹きこぼれが発生します。
      周囲が汚れるのですが、2−3分そのまま我慢。汚れてもたかが米汁です。
  8.  その後、弱火で7−8分、中の状態を蓋越しに確認。火を止めます。
      お米とお米の隙間に、ポツポツ空気の穴が見える状態が出来上がりの印です。
  9.  炊けた米を一度ざっくり切り分け、蓋をちょこっとずらして中身を蒸らします。
      しゃもじを使うかもしくはスプーンでも、炊けたお米の扱いはご自由に。
      5分ほど蒸らすと、お米の芯までしっかり蒸気が浸透しふっくらとした白米が完成。
      あと、この蒸らしを怠ると、鍋の底にこびりついたお米が取れずらくなります。
      

あれ。簡単なわりに工程が長くなった。
細かく書いてしまったのでやたら長く見えますが、ほんとに簡単なんです。
そしてこの方法でお米を炊けるようになると、なんだかすごく海外にいる感じがするので、
ぜひ試してマスターしてみてください!!

その後、夕飯を済ませこのブログを書いていますが、写真撮り忘れちゃった。
一応参考までに、初めて鍋炊きに挑戦&出来映えに感動して撮った一枚を載せます。
こんな鍋で(そしてこのときはIHだった)問題ないんです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする