あれ..これ水虫じゃね?っていう時に便利なオーストラリアでの簡単な治療法をご紹介します。

Pocket

こんにちは、ローラです。

数日前から足裏に赤いポツっとしたものがあることに気がついてはいました。まさかと思いつつ見て見ぬふりをしてみたんですが、その後かゆくなって肌がただれてきたので、しぶしぶ水虫認定しました。

わざわざ公表する必要がないから本当のところはわからないけども、けっこう水虫になる女子多いみたいですね。というか、考えてみれば水虫だってニキビみたいなものよね、菌をこじらせるという意味で。その菌は男女ですみ分けるはずもなく、まあ女子だって普通に水虫ができる。

一応わたしもいろいろ清潔に保っているつもりですが、まあできた。できたからには治療すればいいだけです。というわけで、オーストラリアでの一般的な水虫の治し方をご紹介します。

オーストラリアでの一般的な水虫の治し方(個人調べ)

私が、水虫になった!と言うと、ほとんどのオージーは「ティートゥリーオイルを塗っとけ」と教えてくれます。そしてこれ、本当に簡単に水虫が治るので(実は以前にも実証済み..)、もし不覚にも水虫ができてしまったら、ぜひ試してみてください。

水虫専用の塗り薬も一般的なドラッグストアで売られていますが、わざわざこれを買う必要はないと個人的には思っています。だってティートゥリーオイルで治るんですもの。

ティートゥリーオイル/TEA TREE OIL とは

ティートゥリーオイル(Tea Tree Oil)とは、抗菌・殺菌・抗真菌作用にすぐれた民間オイルです。オーストラリアでは各家庭に必ず一つはあるくらい、とても一般的なもので、オーストラリアの先住民アボリジニが万能薬として愛用していたとしても知られているそうです。

オージーは、このティートゥリーオイルを、ニキビや水虫治療に、蚊に刺されや切り傷すり傷など、とりあえずこのティートゥリーオイルを塗っとけば大丈夫という感じでバシバシ使います。なので、各家庭に一つは必ずあるということです。

独特の強めな臭いがありますが、慣れたら別にっていう感じです。

どこで買えるの? そしてお値段は?

とても便利なティートゥリーオイル、オージーにはお馴染みの日用品なので、スーパーマーケットやドラッグストア、けっこうどこでも売っています。種類が豊富で多少ディスカウントがされてたりするのはドラッグストアなので、個人的にはドラッグストアで購入されることをおすすめします。

近所の大手ディスカウントドラッグストア「Chemist Warehouse」に行ってきました。


【10ml】の小さなボトルで、$5.49(550円程度)
【25ml】の中くらいのボトルで、$9.49(950円程度)
【50ml】のも少し大きいボトルで、$9.99(1000円程度)
【100ml】の特大ボトルで、$17.99(1800円程度)

という価格帯でした。
【25ml】と【50ml】で50円分の差しかないというドンブリ価格。

ティートゥリーオイルを水虫治療に使う方法

簡単です。綿棒に少しティートゥリーオイルを浸し、それを患部に直接塗るだけ。私はそれさえもめんどくさいので、キレイな手というか指にオイルをつけて、直接患部に塗っています。肌の弱い方は原液使用に注意が必要かもしれません。いろいろなブログにティートゥリーオイルの使い方が丁寧に書かれてあるので、そちらを参考になさってもいいかも。私は水虫を速攻で退治したいのでつねに原液直接派です。

オイルを直接肌に塗るわけなんですがティートゥリーオイルは不思議とスーッと乾いていくので、塗ったあと5分くらい放置しておけば足裏がヌルヌルするような不快感はないです。私はとっとと治したいので、可能な限り、1日になんども塗りますが、たぶん朝晩1回づつ程度でも十分だと思う。

塗ったそばから患部が乾燥していき、たまにヒリヒリもするかもしれません。けど数日後にはすっきり治っているはずです。

ちなみに、水虫という英語は

ちなみに、水虫は英語で「Athlete’s Foot」と呼ばれているみたい。アスリート=運動選手です。ティートゥリーオイル以外で水虫を治したければ、この「Athlete’s Foot」用のクリームをドラッグストアなどで探してください。すぐに見つけられます。見つけました。

値段的にはティートゥリーオイルとそんなに変わらない。けど、これ持っていると水虫って速攻バレるのだけがツライところ。まあ誰でもなるんだけどさ!

*追記:「Athlete’s Foot」という呼び名、あんまり知られていないかも。オージー5人にこの説明しても「君はアスリートじゃないのに??」って反応でした。(データがたった5人っていうね。引き続き、水虫ワード調べてみます)

さいごに

オーストラリアでの水虫治療には、オージーがそれを水虫と認識する前から、ティートゥリーオイルが使われています。一応薬局でも専用のクリームが売られているけど、わざわざこれを買う必要がないせいか、水虫治療クリームに明記されている「Athlete’s Foot」という用語すら、ローカルの英語人には浸透していませんでした。(5人調べ)

それもこれも、ティートゥリーオイルが万能すぎるせいだと思っています。

私はよく蚊に刺されるので、愛用のカバンの中にはこのオイルが常に入っています。うちの救急箱の中にも当然入っています。と思ったんですが、便利がゆえに誰かが使ったあとにそのまま放置されたっぽく、箱の中に見当たりませんでした。ということで今回、ドラッグストアまで買いに出かけて写真を撮ってきました。

オーストラリア原産のこのオイル、日本だと輸入品になるのでけっこう高額で売られているみたいです。オールラウンドに使えるとても便利なアイテムなので、お土産に買って帰ると喜ばれるかもと思ったりしています。

そしてこのオイルを持ってても水虫になったことがバレないので、そういった意味でも便利です。水虫になったからといって恥ずかしがる必要はないとおもうんですけどね、早めに治しちゃえばいいじゃん、という話だけです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする