チャイルドケア卒業ビザ申請後のその後 また書類不備 その2

Pocket

こんにちは、ローラです。

先日更新した「チャイルドケア卒業ビザ申請後のその後 また書類不備」の続報です。

担当してくださっている弁護士さんから先週末に続報メールが届きました。卒業ビザ自体は受理されたとのこと。ただし、スキルアセスメントが現状unsuccessfulでこれを30日以内に解決しないと、卒業ビザ自体が取り消されてしまうとのこと。なんてこった。

もう、まったく。困難続き。




と〜は〜い〜え〜、大丈夫っしょ、くらいにしか思っていなく連休も重なったことから返事を少し滞ってしまっていました。だって、たかが担当者のサインが抜けていたくらいだし、すでに提出済みのセンターからの給与明細に加え、今回新たに提出する銀行からの明細書が当然一致しているわけで=スキルアセスメントを証明する正しい労働に対して正しく給与が発生していたことの証明にもすでになるわけで、あーめんどくさいくらいの気分でした。

ところが昨日、この弁護士さんと状況確認の電話をして気分が悪展しました。。

最悪の事態を考えておいたほうがいい、というまったく嬉しくないアドバイスを弁護士という彼の立場からいただきまして。昨日、この弁護士の彼は、この状況を打破するための最適な方法をさぐるために何時間もかけてスキルアセスメントの担当者と電話をしてくれたようで、とはいえ電話担当者自身がスーパーバイザーじゃなかったので、私たちがサイン付きの正しい書類プラスBankStatementsを今回新たに提出したところで100%大丈夫だと言い切れない状況からこの嬉しくないアドバイスをしてくれたのです。

最悪の事態とは、スキルアセスメントが受理されず、卒業ビザが却下される、という事態です。あーもうほんとやだ。

彼からそんなアドバイスを受けちゃったもんだから、一気に心がざわついてきました。RSMSに今すぐ移行するにはまだお金と経験が心もとないから。。

今後の予定としては、来週明け月曜に私は前職のマネージャーからサインをもらえる予定で、同時にスキルアセスメント管轄のスーパーバイザーと彼は話ができるよう動いてくださっているみたいで、もうこの彼には頭が上がりません。

前回、若干渋ろうかと思った追加弁護士費用ですが、彼から特に追加の支払いを催促されることなく、そして今も実はまだこの追加料金を払う前なんですが、こうして親身に働きかけてくださっているので、もはや払わせていただく以外の選択肢はないだろうと思っています。とはいえいったんは、催促され次第。今はまだ状況をさぐっている状況なのでひとまず黙視。彼がとてもとても親身に動いてくださっていることは間違いなく感じるんですが、そしてそれはもう感謝以外のなにものでもないんですが、やっぱりいまだに、プロとして、書類の確認を怠って提出してしまったことへのそちら側の不備があったんじゃないの?と思う気持ちも一方であって。まあ超ギリギリっていう残り日数の少ないタイミングにむちゃくちゃな案件を持ち込んだのは私でそれに対して機敏に動いてくださったのが彼なので、そう考えると彼を責める立場じゃないじゃん、、と今こうしてブログを書いていて感じてきました。。

この件はまた来週明けに、進展を残したいとおもいます。朗報を残したいな〜




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Momo より:

    初めまして、ローラさん。

    私はWAでDiplomaコースを今月終了(ただいまResult待ち)し、卒業ビザをとろうと思っている40オーバーのシングルマザーです。
    残念なことに良いエージェントさんに巡り会えず、Degreeが無いと卒業ビザは無理よと言われ諦めていたところに、クラスメートの何人かは申し込むとの情報を聞き、インターネットで情報収集をしようやくローラさんのブログにたどり着いたわけです。

    状況的には7月8日にIELTSを受けてOverall6.0を取得するのが最優先。
    (前回はListeningとWritingが英語圏の洗礼に会い4年前の日本で受けたときと同じ、Overall5.5….)
    しかしまだ良いエージェントさんに巡り会えていないため、インターネットでいろいろ情報収集するも不安だらけの日々です。

    このまま見つからなければ、自分で485Visaの申し込みをしようと思っています。
    そこでお尋ねしたいのですが、
    スキルアセスメントは基本的にQualification of Diploma、Academic record、あとPlacement Attendance copies (over 360 hours)があれば申し込めるのでしょうか?
    ちなみに私は小学生の娘がいるので学校のプレスメント以外では働いていません。

    ローラさんの場合はセンターマネージャーの印鑑の不備で再提出を求められましたが、普通はどのくらいでアセスメントのResultをもらえるものなのでしょう?

    ローラさんと同じく莫大なお金を掛けて(ちなみに小学校のお金も。。。)このまま帰るのは悔しい!と思い卒業ビザをなんとしても取りたいと思っています。
    結局はIELTSの結果次第ではありますが、とにかく身近に卒業ビザの情報を持っている人がいなくて、今はローラさんのブログ情報頼みです。。。

    よろしければアドバイスしていただけると助かります!

    • ローラ より:

      Momoさん コメントありがとうございます。とても切羽詰ってる感が伝わってきました。まずはIELTSオーバーオール6.0に集中してください! けれど、私も自分の学生ビザが切れるほんとギリギリ、試験結果が届く最終日程で吐き気寸前の思いで取得したので、もしまだビザ日数に2ヶ月くらい余裕があればあまり考えすぎないことを強くオススメします。
      私はプロのアドバイザーではないので私自身の経験でしかお答えできないのですが、スキルアセスメント、ないしこのかなりトリッキーな卒業ビザをご自身で申請することはとても危険だと感じています。高いお金を払ってきちんとした弁護士を通してもなおこのスキルアセスメントの不備のせいで私は今トラブルを抱えていますのでなんとも言葉を選ぶんですが、同じ弁護士を使った友達はすんなりと卒業ビザを受け取っています。(私たちがそうだったように3月にビザが切れる学生は大学の卒業と重なってとてつもなく多いようなのですが、私の友達やクラスメイトは2ヶ月前後でいい結果をもらっていました。他の日程ですともう少し早いと思われます)
      もし、Momoさんが通ったコースがCertIIIとDip合わせて2年近くあり、Workplacementが360h以上しっかりとあるようでしたら、私のお世話になっている個人の弁護士さんをご紹介することも可能です。
      お子さんもこちらにいる状況、というのは、このブログ内で書いたかどうか覚えていないのですが、私にこの弁護士を紹介してくれた友達と同じ状況(彼女も13歳でこっちの学校に通わせている子供がいての卒業ビザ申請&取得)なので、子供を含めた際のビザ申請にも、この弁護士は経験ありなのです。
      私自身のビザが今暗礁状態で、この状況をどうにかしてくれようと彼が時間を割いてくれているので、本音をいうと紹介もちょっと待って、と言いたいんですが、Momoさんの通ったコース期間&Workplacementの時間数は条件にかなっていそうでしょうか??