MEGTかSELCか。その違いについて

Pocket

オーストラリア(シドニー)でチャイルドケアの資格に興味を持っている方が、
この記事に辿り着いていると思います。

私は、MEGTの生徒であり、あと数週間で2年のコースが終わるのですが、
私立のチャイルドケア専門学校として、シドニーで二大巨頭になりつつある、
TRVビザが取れる学校として名があがる、MEGTとSELCの違いについて、
学生の私なりに感じたことをお伝えしたいと思います。

(うまく表なりにしてまとめたかったんですが、文章でダラダラいきます。)

私がチャイルドケアコースを選択した2年前(2014)、
当時は圧倒的にMEGTが老舗でかつ大手で有名校でした。
SELCの名こそ聞きさえしたけれど、
それこそチャイルドケアのコースを開設したばかりで、
大々的に生徒集めのキャンペーンをしていたほど。

MEGTでコースをスタートしてみると、2−3ヶ月に1度、
実習としてセンターに数週間、通うことになるのですが、
そこでちょいちょい、同じように実習できている学生とバッティングします。

それだけでなく、
いざ自分がカジュアルとして定期的に同じセンターで働くようになると、
どの学校からの生徒が実習にくる率が高いのか、明らかにわかるようになります。

2015年の私の印象では、MEGTが圧勝。
ですが、SELCの学生も確実に増えてきていると断言できます。
2016年、ほんとうに最近はよく、SELCの生徒(ユニフォーム)を見かけるようになった。

なので、きっと今後もSELCは生徒人数を伸ばしていくでしょう。

生徒数でいうとMEGTが圧勝、けどもSELCが増えている現状を踏まえつつ、
生徒として通う私たちにとって最も重要なのが、実際の授業量と実習の内容について。
資格は取ってしまえば一緒なので、
それならば簡単に取れる学校を選んだ方がいいと、私は思っています。

この点で言及すると、2016年11月現在、
授業量と実習の内容、スケジュールにおいて、絶対にSELCは選んではいけません。
強く言います。SELC、絶対ダメ!

なぜ?

MEGTもSELCも外国人学生向けに、
チャイルドケアの資格およびスキルを提供する、
というビジネスで成り立っている学校ですが、
MEGTは老舗な分、それなりに融通が効くっぽく、
SELCはこの業界には新参者なので国が定めた規定に則ってスケジュールが決まる、
という、私たち学生には関係のない力が働いているように思えます。

実習をひとつ例にとりましょう。
MEGTは、平日3日を2週間。
SELCは、平日5日を2週間。
これが、2−3ヶ月おきにやってくるのです。コース2年のあいだ。
この大きな違い、わかりますか?
ただでさえ、学費と生活費の捻出にヒイヒイ言っている中、
SELCは、2−3ヶ月おきに2週間まるまる働けない大波が襲ってくるのです。
これほんとシドい。

実は、MEGTもかつて(ちょうど私がコースを始める前くらいまで)、
SELC同様、週5の実習スケジュールが組まれていたと聞きました。
ところが、学生からのクレームの声が大きく、それを反映して、
今のこの週3実習、というスケジュールに変わったそうです。

スケジュール感だけではなく、
先日、SELCから実習に来ている学生(彼女はこのセンターでも数日間働いている)と
課題内容について話をしていたんですが、重すぎました。

もし彼女が話した内容を私がこなさないとならないとなると、
私はチェイルドケアの資格は取れなかった、取れるまで頑張れなかったでしょう。
いやー百歩譲って頑張ったしても、大変で有名なMEGTの比を優に超えてました。

ざっくりした内容になってしまいましたが、
2016年度(あ、もうすぐ終わる!)は、SELCのコースはオススメしません。
同じTRVが目的であれば、力強くMEGTをオススメします。
(ただ資格を取る、どいうだけなら、MEGTもあまりオススメはしないんだけれど)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター babakana より:

    はじめまして。
    馬場加奈と言います。
    現在パースに滞在中で、メルボルンのMEGTもしくは西オーストラリアのTAFEに通うかでかなり悩んでいます。
    正直経験された方にお会いしたことがないので、もし可能であれば直接お話をお聞き出来ますか?
    よろしくお願いします。

  2. アバター ひろみ より:

    過去記事拝見して、学校が同じな事に気が付きました笑 数少ない日本人diploma保持者同士、RSMS頑張りましょうね☺

    • アバター ローラ より:

      ひろみさんもMEGTのDiploma卒業生ですか! お互い、お疲れさまですw 本当、稀な日本人資格者として頑張らないとですね!

  3. アバター ひろみ より:

    私はRSMSは諦め気味(MMMに頼まない限りもう法改正前までにスポンサー見つけられそうにないので。)で、 skilled independent immigrant visaで行けないか模索中です。返信有難う御座います。また何か進展が有ればお知らせ下さい&お知らせ致します✨他にも書かせて頂きましたが共通点が多すぎでびっくりしています笑

    • アバター ローラ より:

      ひろみさん、本当にそうですね、お互いに別のビザの手段も視野に入れての行動に移さないといけない段階だと思います。キャンベラのどのセンターでも駆け込み応募が殺到しているようで、採用事項にも「ビザスポンサーはできない」とはっきり明記される記事を多く見かけるようになった気がしますし。私もRSMSへの意気込みと限られた時間への焦りが交錯し大きなストレスを抱えていたんですが、再度立ち止まって別の手段がないかどうか改めて見直しているところです。私の場合、5年近く付き合ってる彼と別居して、これから単独でキャンベラで3−4年(申請から承認まで、以前は半年だったところ、現在は1年半。そして承認が降りてから初めて2年のRSMS期間がスタートという意味での3−4年)も過ごさないといけないという点がどうしても納得できないのです。ひろみさんも何かいい情報がありましたらぜひ共有してください!