ワーホリを成功させるために一番大事なこと

Pocket

こんにちは、ローラです。

日本にいる友達(年下女子)から久々のラインで、シドニーにワーホリに行くことを考えているという連絡が入りました。彼女は過去に旅行でシドニーに来たことがあり、自分の将来を考えたときに、英語力をもっと伸ばしたい と思い、今回真剣にワーホリについて考え始めたということでした。

彼女の気持ち、痛いほどよくわかります。私もがそもそもオーストラリア・シドニーに30歳でワーホリに来ようと決めた理由も、10年後の将来を考えた際、このまま英語コンプレックスを抱えたままでいるのはとてもイヤだ、というのが大きな決め手だったからです。

そして、今の私はあの時に思い切って決断して本当によかったと思っています。30年間抱えていた英語コンプレックスから解放され、ビーチを見渡せる家に住み、オージーの彼氏がいて、愛犬がいる生活を今の私は送っているんです。シドニーは東京と比べても物価がものすごく高いけど、やる気さえあればとりあえずの仕事は見つかるし、それなりの英語力さえ身につければ、そして資格などを取得すれば、ローカルと同じだけの高い安定収入も見込めます。今はまだビザ問題が解決していないので、本当の意味で安住安泰ではないんですが、今の自分のこの結果にはとても満足しています。

ところで、ワーホリを成功させるために一番大事なことってなんだと思いますか?

成功とひとくくりにいってもゴールを何にするかによって必要なことは変わってくるかしら。じゃあ、成功 = 海外に住んで、現地でいろんな国から来た人と友達になって、英語を使ってローカルの仕事をする、というイメージを設定してみます。おそらくワーホリをしたいと思っている人のゴールはこのイメージに近いんではないでしょうか。

ではもう一度、このイメージに近づくために一番大事なことはなんだと思いますか?

お金? やる気? 英語力?

どれもたくさんあるに越したことがないんですが、なにより英語力が一番大事です。

当たり前じゃんって思っちゃった?

中には、その英語力をつけるためにワーホリに来るんだ!!という人も多いと思うんですが、英語力が全くないまま勢いだけで来てしまうと、途中で簡単に英語疲れという息切れを起こしやすいんです。とりあえず行けばなんとかなる、と思っている人にはあえて言います。マジ、なんともならないから!! ここ本当に注意が必要です。



実は、私のワーホリ時代の友達のなかにも、せっかくワーホリに来たにも関わらず、英語嫌いになって帰国するという人がけっこういました。これ本当にもったいない。

その中の一人を例にあげます。

彼女は、オーストラリアではツイてないことばっかりで相性が悪い、だからビザが切れる1年を待たずしてもう日本に帰るんだと言っていました。話を詳しく聞いてみると、家のオーナーと気が合わず、すぐに出て行って欲しいと言われて困っている。前に住んでいた家も、レントが高いわりにシャワーがすぐ壊れて不自由だった。仕事が超忙しくてこき使われるだけこき使われて、なのに時給が低くてもうやってられない、という、まあ確かに聞いていると不幸話のオンパレードのようでした。こりゃつらい。

でもね、正直なところ、住んでいるオーナーと無理して反りを合わせる必要はなく、というかもし居心地が悪ければ新しい部屋に引っ越せばいいだけ、シャワーの故障についても、それを理由にレントの引き下げ交渉だってできたんじゃないかとも思いました。仕事にしても、イヤなら別の仕事を探せばいいだけ。日本での就労なんかと違って、シドニーでの仕事なんぞただのアルバイトなんです。けれどもう彼女は日本に帰ることに決めたんだという、そして英語に疲れたんだといってました。

おそらく、彼女のいうツイてない原因はすべて彼女の英語力の低さにあったように、今なら思います。海外に住むには最低限の英語力は絶対に必要なんですが、まあ行けばなんとかなるかと英語力が低いままワーホリに来てしまう人が少なくなく、彼女の英語力もお世辞でも高いとは言えない、というか超初級者レベルでした。

海外で生活する以上はやっぱり最低限の英語力は必要なんです。この英語力が低ければ低いほど、しなくてもいいガマンを抱えなくてはいけなくなり、海外生活において大変だと感じるレベル&頻度が増えてしまう。・・・これ当然っちゃ当然なんだけど。

もちろん、当初の英語力が低くても、持ち前のやる気、粘り強さ、努力といったポジティブ精神論でワーホリを成功に導く人もいることはいるでしょう。

けれど、ワーホリ生活の途中で英語疲れという息切れを起こしてしまう日本人の多くは、最初の英語力が低い。誰もがワーホリ当初のやる気レベルは高かったにも関わらず、結局、日本人同士、日本語がやっぱりラクだ、落ち着く、という海外にいるのにもったいないパターンに陥ってしまう。そしてここシドニーは、オーストラリアの他の都市と比べて日本人ワーホリが多いので、英語疲れという息切れを起こした際に、すぐに日本人とつながれてしまう。1年2年とせっかく海外にいたのにも関わらず英語力が伸びるどころか英語嫌いになり、結局日本人のワーホリ仲間ができて終わり、という人たちが少なくないのはこのせい。

それでもいいんだよ。本人がそれで良ければさ。

けれど、それが本来の目的だったかというと違うはず。ワーホリの目的が海外で生活をしてみることだったにしても、海外で日本人と過ごすことを目的にワーホリにくる人はいないはず。

私自身の経験からも、ワーホリとして海外で生活をしてみることは大いに賛成なんですが、最低限の英語力は日本でつけてきた方が、しなくてもいいムダな苦労をする必要がないので、リスクヘッジという意味でも安心なんです。その結果として、実りの多いワーホリ成功体験が得られるということ。

あれ、私、当たり前のことをドヤ顏して言ってる?

もしかしてもしかすると、相談に乗ってくれている留学エージェントの中には、英語力が低くても大丈夫だ、という無責任なアドバイスをしてくるところもあるかもしれません。さっきも言ったように、持ち前のポジティブ精神論できっと大丈夫な人もいるでしょう。けれど、ひとつ覚えておいておかないといけないのは、留学エージェントはボランティアで運営しているわけじゃなく、彼らの目的は、あくまでワーホリで来る人たちを語学学校に送り込むことで発生する学校側からの紹介手数料なのです。こういうビジネス形態である以上、もしかすると学校に生徒を送り込みたいがために英語力が低くても大丈夫だと言っているのかもしれない、と疑問を持つことも必要だと思うのです。

なんども言います。英語力は英語の国に行けば自然と伸びると思ったら大間違いです。どこでも繋がれるとっても便利なネット環境がある以上、海外にいても日本語と簡単に繋がれてしまうんです。

とにかく、日本にいる間に、英語力をどれだけ伸ばしてこられるか、これがワーホリを成功に導くための一番大きな鍵だと私は思っています。これからワーホリで海外に行きたいと思っている方々、とにかく頑張って日本で英語力をつけてくることを強くおすすめします!!!!!

じゃあどうやって英語力を伸ばせばいいのかって? これは長くなるのでまた別の記事で。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする