こんな展開が起こるんだね、という少し変わった仕事探しをご紹介

Pocket

こんにちは、ローラです。

オーストラリアでの仕事/アルバイト探しの方法は、これまでになんども書いていますが、基本的に人からの紹介が一番確実で、次に募集に対する応募、そして飛び込みでレジュメを配り歩くというのが一般的です。

ところが少し前になるんですが、私も働いていた近所のカフェに面白い方法で仕事をアプライしにきた&ポジションをゲットした日本人男性がいるので紹介しようとおもいます。

この彼、こんなレターをお店によこしてきたそうです。

『Hi, How are you??』なるものから始まるこのレターを、私はお店のインスタを通して目にしたんですが、正直、このレターを初めてみたとき、なんて非常識な、、、、と呆れました。まさに友達に書くような手書き、誤字もありのレターが履歴書代わり、そして手紙の締めには『Big thanks!!』なる言葉。すげーーーーー

私が採用者なら迷いなく却下するところなんですが、いろんなことに柔軟でなんでも楽しもうとするお店のオーナーのアナは、このレターをものすごく好意的に受け止め、『素晴らしいレターもらっちゃった♪ この人、採用するべき?』なるテンションとともに、写真をアップ。

頭の硬い私は、いやいやいやいや、さすがにこれはないだろうと思っていたんですが、お店のフォロワーから寄せられるコメントがさらにまた予想外の展開。『彼はクールだ。』『とてもいいバイブスを感じるわ』『チャンスを与えなよ』てきな。なんかもういろいろすげー。。

そして、引き続きコメントを読んでいくと、今度はこの日本人を以前に雇っていたことがあるというファームの人からのコメントが入り、まさかそれの人からのお墨付きまでSNS上でもらえるというミラクルが起き、結局この日本人の彼、トライアルを経て正式にカフェで働くことになったんだそう。

この展開、まじ、頭が追いつきませんでした。なんだろう、ジェネレーションギャップってやつでしょうか。

けど、こういうことがあるから、海外に住むって面白いんだったなと改めて感じることができました。私も今回のこの流れを見ていて、自分の常識が世の中の常識とは限らないということを、痛く学んだ次第です。

これからオーストラリアで仕事探しをする人は、あまり深く考えすぎずに、こんな風に行動を起こすだけでも、チャンスはめぐってくるらしいよっていう参考になるかしら。どうかしら。

ところで、せっかく仕事のチャンスを得た彼なんですが、働きたいポジションや曜日などがお店側の都合とあわなかったみたいで、結果的にカフェを去ったと聞きました。私も面白いから会いに行こうかなと思っていたんですが、この彼に会えることなく今にいたっています。

それにしても、常識と言われるものにとらわれず、行動を起こして自分の道をつくっていくというパワーを、この方から教えてもらった気がします。Big Thanks!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする