チャイルドケア コネクションで成り立つ仕事探し

Pocket

こんにちは、ローラです。

引き続き、セントラルコーストのRSMSスポンサーを探しをしている中、ついにミッシェルから連絡がありました。




このミッシェル、私が半年前まで近所のカフェでバイトしていた際の常連客の一人で、働いていた当時からカフェのオーナーのアナ曰く、ミッシェルはオーストラリアに100店舗ものチャイルドケアがあるオーナーなんだ、とは聞いていました。アナが、たった一店舗のカフェのマネージメントでさえ超大変なのに100とかもう想像超える、私も、ただのセンターの一部屋さえもコントロール大変なのに、脳が違いすぎる、とかって話をしょっちゅうしていたんですが、その当時働いていたチャイルドケアからビザをあげるからと言われていた私は(結局は全く無理だったから今のビザ探しに至る)、まさか彼女がここオーストラリアでも有名なGuardian Groupのオーナーだとは思ってもみなかったし、自分にはまったく関係のないもんだと思っていました。チャイルドケアに携わっているのに、詰めが甘々。

結局しばらくして、私もやっぱり永住権のためにRegional Areaに行かないといけなくなったったーとアナに話して、アナがじゃーミッシェルはたくさんチャイルドケア持ってるからRegional Areaにもセンター持ってるんじゃない?聞いてみるよ、なんて超安易に話を進めてもらって初めて、結果、彼女がかの有名なGuardianのオーナーだと知ったわけです。

確かにこのカフェのロケーションが、超超超高級住宅地のローカルエリアに隣接していてかつ、常連はその方々。とはいえ、みんな全く気取らずに超ふつうないい方々ばかりなので、勝手に壁を無くしていました。こっちでは日本と違って超フレンドリーな接客が好かれるので一方的に身近な感覚でいたんですが、改めて物凄い人たちと過ごしていたことに恐縮。

とにかく、そのミッシェルがキャンベラに5店舗チャイルドケア持ってる&ミッシェルも仕事紹介ハッピーだって言ってるからコンタクトするようにとアナから1ヶ月ほど前にアドバイスされ、ど緊張で電話し続けてたんですが、電話応答なしだわ、折り返しないわで、あっれー話が違う、、と気落ちしていたんです。そのうちに、キャンベラ熱が消滅し今のターゲットはセントラルコーストへ変化。そんな中で、ついにミッシェルと連絡が取れました。実はこのグループ、セントラルコーストに唯一1店舗だけセンターがあるんです。

今日のミッシェルとの簡単なチャット段階ではスタッフの空き状況は現時点でまだ不明ですが、ようやくレジュメ含めた諸々の書類をミッシェルに送信&リクルートマネージャーに転送してくれるとのこと、何か大きな展開になるといいな〜〜〜〜〜

それにしても、おとといの突撃Port Macquarieで、大きな手応えを得ていたので、このまま来週セントラルコーストのアポなしセンター訪問でおそらくどこかしらからなんらかのいい結論を導けるんじゃないかと楽観視していたんですが、アポなし訪問を通じて、どうせ2−3年働かないといけないのなら活気あるセンターで働きたいなーと欲が出てきていたので、なんというか、このまま渡りに船だとありがたい。まーそうじゃなくても、セントラルコーストのどこかでジョブ(ビザスポンサー)は必ず見つけられる気がしているけども。

ところで、どこかで話したと思いますが、ここオーストラリアは、コネクションを通じての就職がとても主流なようです。チャイルドケアに限らず、カフェの仕事などカジュアルジョブは特に人づてでの紹介でゲットできることがとても多いので、自分のことを人に伝えておくことの重要さを改めて強く感じています。私のように、棚ぼたが起こりうる可能性があちこちに転がっているので。




また何か進捗があればアップします。

(追記:その後、セントラルコーストはRSMSビザの対象外だったと学ぶ。。)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする