ひとりで何時間も過ごさないといけない時のオススメ暇つぶし方法

Pocket

こんにちは、ローラです。

わけあって、シドニーの田舎町で朝7時半から現在夕方の7時すぎにいたって一人時間を過ごしています。あらかじめ、長時間一人になることがわかっていたので、フル充電してきた携帯にパソコンも持参でした。けれどさすがに3時間を越えてパソコンや携帯を使っていると(携帯のHotspotを使うと余計に)充電が厳しくなるわけで、私のように、シドニーで何時間も一人で過ごさないといけない場合のオススメの暇つぶし方法をご紹介しようと思います。

1. 図書館

なんと言っても、図書館はとても便利です。シドニーには歴史が深い州立の図書館から、近所に存在する公立の図書館まで、各所に点在するので、どこでも簡単に見つけることができるはずです。

日本同様に、誰でも自由に利用できます。本の貸し借りとなると身分を証明して会員カードを作らないといけないですが、ただ単に図書館を利用する分には、気軽に立ち寄ることが可能です。

おそらくオーストラリアの全土の図書館には、無料WIFIが完備ですし、パソコンや携帯が充電ができるパワーポイントも充実しているので、時間つぶしにはちょうどいいわけです。静かだし、トイレもあるし、カフェ兼備の図書館も多いので、ゆっくりできます。

種類は多くないですが、日本語で書かれた本も置いてあるので、そこからピックしてみても面白いと思います。

こんな感じで過去話題の小保方さんに出会ったりがツボった@ボンダイジャンクション

ただし、多くの図書館は9時10時オープンだったりするので、その前から時間を潰したい場合には、お次がオススメ。

2. カフェ

シドニーの多くのカフェは、朝6時から営業開始します。遅くても朝7時にはほとんどのカフェがオープンします。

これは本当に日本と大きく違う点でとても便利。それなので、朝早いからといって、行く場に困るということがまずないわけで重宝します。

最近では、サービスの一つとして独自のFreeWifiを設置しているカフェも多いので、ゆっくりするのにとても重宝します。

絶対にWifiが必要な場合などは席に着く前に店頭で「Do you have free wifi?」と確認すると間違いがなくていいと思います。そして、お客さんに長居して欲しくないお店(特に人気店)ではあえてWifiを設置してないケースが多いので、入る前にこれを聞くと、その店で長居できるかどうかの判断ができます。

3.  公園やビーチ

オーストラリアの主要都市には、広々と開放的な公園が隣接しています。

シドニーに至ってはビーチやベイエリアがすぐそこに点在していて、のんびりするにはちょうどいいスポットです。これら公園やビーチ、ベイエリアには、自由に利用できるテーブルや椅子があちこちに設置されていたり、天気のいい日には何も敷かずに芝生にそのまま座り込んでも気持ちがいいですし、そのままゴロリ寝転がっている人もよく見かけるので、同じように誰の目を気にするでもなくゴロリするのもオススメの過ごし方です。

ただし、直射日光の日差しは強いので、携帯やパソコンを使いたい場合には向きません。画面が見えないよ。一応、ボンダイ、マンリーといったシドニーでも人気の主要のビーチエリアではFreeWifiが通っていますが。

4. アウトドアエリアがあるパブ

オーストラリア全般(だと思う)のパブは、特に女性一人では入りにくい雰囲気があります。

午後3時をすぎた頃から、早朝の仕事を終えた作業着姿のローカル男性たちがグループでビールを飲んでる感じで、酒好きな在豪歴8年目の私でも、初めてのパブに一人で乗り込むのには毎回躊躇します。シドニーのシティ中心部となると、作業員要素が少し減って、会社員が強い様子になるので、わりと入りやすいんですが。

このパブと言われる場所は、カフェやレストランに比べてお酒の提供価格が安いので、居心地のいいパブを見つけられればお酒好きには本当にオススメの場所です。昼間は比較的空いているし、ビストロと呼ばれるパブ飯はボリューミーで美味しいというのが定説です。

女性目線でいうと、アウトドアエリア(そして禁煙)が広く設けられているパブは、居心地がいいことが多いです。

さいごに

ちなみに今日、私の12時間に及ぶ暇つぶしの内容をお伝えしますと、朝7時半から12時までカフェでお茶とバナナブレッドをいただき、諸々の充電が厳しくなってきたので、図書館に12時から3時まで滞在。各機器をフル充電し、その後見つけた居心地の良さそうなWIFIフリーのメキシカンで3時すぎからワインを飲みつつ遅いランチをして過ごしました。今もまだこのメキシカンで、6杯目になるワインを頼もうかどうか悩む@7時すぎといった感じです。4−5時は私一人しか客がいなかった状態なんですが、7時少し前から家族連れの団体が何組か入ってきて賑やかになってきました。

このひとり言が、オーストラリアでひとり時間を過ごす誰かのお役に立てれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする