チャイルドケアからフルタイムジョブのオファー そしてビザ制度の大幅変更

Pocket

こんにちは、ローラです。

カジュアルで働いているセンターBから今日、フルタイムで働かないかという有り難いオファーを受けました。




このセンターBは、以前アイリッシュガールズがレイジーすぎていやだという記事をあげたところだったので、あちゃー、というのが本音でした。とはいえ、週に2日の固定シフト(プラス日曜固定のカフェジョブ)だけだと、せっかく働く上限のないビザなのにもったいないし、今後どうしようかなーとぼんやり考え始めた矢先のオファーだったので、数時間考えた(お給料を概算した)あとに、ぜひお願いしたいと返事をしました。

実は、外国人にたいしてのビザ事情がここオーストラリアで今大きく変わり始めているようで、例えば現行のビジネススポンサー457ビザが廃止される見込みってニュース記事が踊ってたり、私の近い将来、永住権取得に向けて目指すであろうRSMSビザが来年3月以降、3年という期間が最低条件に課される(現状2年、それでも長いと思っていた..)と言われていたり、せっかく先月にトラブル続きの卒業ビザの申請が無事に整ってよし!これで18ヶ月はとりあえず余裕ができた!! と完全ぬるま湯気分に浸かり始めた矢先にまたまた難題が来そうなうんざり予感の中でのオファーでもありました。

今ここシドニーでフルタイムのオファーを有難く受けたところで将来永住権が取れるわけでは全くないんですが、とりあえず私の今またぼんやり考えはじめた将来ビジョンは、フルタイムで3−5ヶ月この、名のあるセンターで働いて経験とお金をがんばって貯めて、8-9月頃にチャイルドケア専門エージェントを通じてRSMSのサポートをしてくれるセンターを見つけるオファーを依頼、そして来年3月までにうまく見つけられるのがいいのかなーと考えています。ビザ制度が変わる前は、いっそうビザサポートをしてくれるセンターを見つけるのが難しくなりそうだから、きっと今すぐ、早ければ早い方がいいのかもしれないけど、もうビザのことに焦ったり振り回されるのに疲れた。それに、ついこないだ18ヶ月分の卒業ビザ申請料として約$4000(ビザ申請料&エージェント費用)を払ったばっかりで、まさかまたビザの支払いなんぞ勘弁!が正直なところ。ほんとにもうビザがなければオーストラリアにいられないからいい加減どうにかしたいところなんだけども。

チャイルドケアでフルタイム働けば、ひとまず1ヶ月で$4000弱はいけるはずなので、4−5ヶ月で150万円の貯金を目指します(RSMS探す際のエージェント費用が100万以上するらしいよー 。もうね、お金ばっかり) あーー私の18ヶ月だらだら生活はどこいった。負けない!!






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちな より:

    はじめまして。私もチャイルドケアで近いうちにRSMS visa取得のチャンスがあればと思っています。
    質問なのですが,チャイルドケア専門のエージェントってどうやってみつけられるんでしょうか。。。ネットで検索してもvisa申請のサポートはするけどセンターは自分で探してくださいという ところばかりなので。。。

    • ローラ より:

      ちなさん
      初めまして。返信が遅れてすみません。
      私もこの件に関しては今もって手探り状態なのであまり上手なアドバイスができないのが正直なところなのですが。
      私が言えるのは、チェイルドケア自体が小さいマーケットなのでそれ専門のエージェントは存在せず、です。
      そして、ちなさんのおっしゃる通り、センターは自分で探すが主流なようです。SeekやIndeed、もしくは各センターにレジュメを送り続け、コントラクトを自分自身で取り付けてやっと、エージェントにRSMSの書類手続きを代行してもらう、というのが一般的な流れなようです。

    • ローラ より:

      ちなさん
      キャンベラで働く(2ヶ月前にRSMS取得した)友達曰く、7月のイミグレの発表を受けた以降、キャンベラへの応募率が愕然に上がったんだそうなんです。
      私もちなさんと同じ状況なので的確なアドバイスができないのですが、激戦区になりつつありそうなキャンベラを避けるという手も考えた方がいいかもしれません。
      ローラ

      • ちな より:

        ローラさん返信ありがとうございます!!
        メールをちゃんとチェックしてなくて返信していただいてたの全然気付きませんでした!!
        キャンベラは今激戦区なんですね。。でも元々寒い地域が嫌で。。。(選べる立場じゃないいんですが。。)できればQLD がいーなーと思っていました。最近やっとresumeを送り出して仕事探しをスタートしたんですがやっぱりそのセンターの近くに住んでる方が有利っぽくて、こっちに来たら連絡してねーとかあーシドニーに住んでるんだーみたいな感じです。
        ローラさんの最新の記事読みました!行動力すごいです!!私もセンターに直接行く!ぐらいの気合でいかなきゃですね。
        ちな

  2. ローラ より:

    ちなさん
    私も同じく寒い地域が苦手なので、激戦(かもしれない)という小さなマイナス要素を過剰に捉えている可能性は大ですが、クラスの中でも常に落ちこぼれだった私がその激戦を勝ち抜ける自信はゼロなので、とりあえず戦いを避けることにしました。
    また別の記事も追加したんですが、電話で済ませられるほど英語力に自信がないので、直接会って交渉するだけですw

    今回センターを直接回ってみて思ったんですが、アプライするこっちもセンターの様子を知らないのは実際こわいかもしれないです。まービザさえもらえればいいっちゃいいんですが、2−3年ビザのためにそのセンターで働かないといけないとなると、センターの実際の雰囲気(先生同士や子供たちの様子、室内のアクティビティの飾り付け具合)やディレクターの印象、というのは働き先を見つける立場として絶対に知っておくべきだと感じたのです。というのも、アポなし訪問でもセンター内をくまなく紹介してくれるディレクターとそうじゃない場合があり、前者の方がやはりオープンで働きやすいはずですし、センターのトップであるディレクターの人柄が、そのセンターの雰囲気に反映されると思ったので。

    話が長くなりましたが、ちなさんにとっても、いいスポンサー先が見つかることを願っています!!!数少ない日本人チャイルドケアワーカーとしてお互いに頑張りましょう!!!!!