Car Inspection と 同僚の解雇

Pocket

こんにちは、ローラです。

今朝いつもより少し早起きして、近所の車の整備場に愛車のチェックに行ってきました。あと1週間くらいで切れるレジョ(車検)の更新に、この車は大丈夫だよっていう証明書が必要なので。




予約時間の受付を済ませると30〜40分くらいかかると言われたので、すぐ近くで朝マックしてきました。なんだかずいぶんとのんびりした朝を過ごし、インスペクションの結果は、All good. 中古車だけど普通に問題なく走ってるし&それなりに車に詳しいコーリーちゃんに都度チェックしてもらってるから、特に心配はしてなかったんですが。トータル$40で車のチェックとレジョ更新(車検)に必要な証明書の発行は、安いもんだと感じました。
(昨日のブログに書いたように、レジョ更新自体は$1000ほどの概算費用ですが)

そして働くセンターの話。つい先日、なんの前触れもなくフルタイムスタッフだったメンバーの離職がスタッフ全員宛のメールで知らされ、部屋が違う人だっただけに、あー、彼女なりにいろんな事情抱えてたのか、、知らなかったなーーーーと特に気に留めてもいなかったんですが、今日その理由を聞いて驚愕しました。




彼女、仕事上の注意(警告)を何度かされていたようで、それでも改善されない、という上での解雇だったそう。そもそも彼女の勤務姿勢が日常的に怠惰だったらしいんだけれど、そのうちの一つに、ナピーチェンジを、チェンジしてないのにしたことに取り繕ってたらしいの。もう、私これ聞いて、お腹抱えて笑ったよ。こんな最低限のことができないんじゃ、この仕事そもそも向いてないだろ!!!っていう爆笑。こんな詐称、今まで働いてきたチャイルドケアで聞いたことないから!!!!

ナピーチェンジは確かに汚物処理で苦手な人もいるらしいけれど、子供たちのセンシティブなスキンに直接タッチしているものだから、頻度を怠ると肌荒れに即直結するし、子供たちもその痛みで泣いちゃったりして可哀想だし、とはいえ常にナピーつけてないといけないから治るにも時間かかるし、もうただの悪循環。それなのに、それを自分の怠慢でサボってたとかもう有り得なさすぎて呆れを超えて爆笑域。そんなの、絶対有り得ないからー!!!

チャイルドケアビジネスの競争率の高いシドニーに比べるとキャンベラは、働くスタッフの平均資格も低いし、働くパッションという意味での質がだいぶ低いなーとは常日頃感じていたんですが、まさか自分の働く職場でこんなことがおきていたとは、情けない限り。そんなことってあるんだ。。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. けい より:

    それってスキルの問題ってレベルじゃないですね…

    • ローラ より:

      けいさん、そうなんです。。こういったケースは稀だと思いたいんですが…

  2. りな より:

    はじめまして、最近ローラさんのブログを見つけて ちょこちょことお邪魔させていただいてます^^
    わたし自身、4年ちょっと日本で幼稚園教諭として働いて、今年の9月末からシドニーにワーホリで来ていて、どの記事も とても興味深いです!!
    いま語学学校に2ヶ月ほどいるのですが 辞めて、シドニーにあるIHというJ-shine とTECSOLの取れる学校に行くか、バリスタの学校に行くか、それとも別のことをするか笑 で、かなり悩んでいたのですが、バリスタの記事を読んで、バリスタの学校には行く必要ないのかな!と思えています^^
    最近までは、ファームに行ってセカンドも取って、セカンド中にそう言った学校に行けたらいいかなと思っていたのですが、ちょっと考えが変わって 1年だけのワーホリにしようと思ってきていまして。
    ローカルジョブの仕事をどうしてもしてみたいので、ローラさんのご友人のように ガッツで手に入れたいなと思います!!
    なんだか自分のことばかりだし長くなってしまいました、、(>_<) すみません
    これからも 記事楽しみにしています!!

    • ローラ より:

      りなさん  初めまして! 独り言のようなブログにもコメントいただけると書いてる甲斐を感じます。ありがとうございます。
      ローカルジョブゲットはとにかく諦めない(ヘコタレない)気持ちと気合いです! ぜひ私のレジュメをりなさん色にコピー(アレンジ)して、新聞を配達するように、あちこちに配るといいと思います。最初はど緊張しますが、仕事ゲットの近道です。とにかく笑顔で”Can-do Attitude”を示すとよりいいと思います。頑張ってください!
      日本に戻ってまた幼児教育の道へ進むのでしたら、J-shineやTECSOLを取得して帰国するのは有意義に感じますが、日本で実際にこれらの資格がどれくらい有効なのか調べてからでもいいかもしれません。もしオーストラリアでのバリスタ資格のように、ただの資格だけで実際現場で通用しないというケースは考えられないのかしらと疑ってみたり。かなりの短期間ですさまじい課題量をこなす大変なコース(そして高額)だと聞くので、もしこれらの資格があまり浸透していないのなら悔しいですし。すみません。日本の現場をよく知らないので、そこらへんは4年ものご経験があるりなさんの方が詳しいですよね。
      私が当初オーストラリアに来たばかりの頃、りなさんのように何か形になるもの(とくに資格)を身につけて帰らないとという焦りがかなりあったことを、りなさんのコメントで思い出しました。

  3. りな より:

    とてもご丁寧な返信 ありがとうございます (*^_^*)
    普段誰かのブログにコメントするなんてことは無いのですが、勇気出してコメントして良かったです ♡ 笑

    レジュメの記事も読んで、スクショ撮らせてもらいました (笑)
    わたしが シドニー到着後すぐ作ったレジュメと違いすぎて!(笑) 作り直します (笑) 本当に参考になります!!^^
    頑張ります!!

    調べてみましたら ECC juniorのような教室は そのような資格も必要ないと書いてあったのですが、もし今後自分の教室を開くとかなると、そういう資格があった方がいいのかな^^と思ったりしていまして ❁
    とにかく 色々とありがとうございます!!

    また ぜひコメントさせてください ^^

  4. Kaz より:

    ローラさん、初めまして。最近このブログを知り、楽しく読ませてもらっています!私も同じようにチャイルドケアでRSMSを目指していて、クイーンズランド州の保育園でカジュアルで働いています。私の住む地域は、キャンベラと逆で、仕事環境や保育の質は良いのですが、それゆえ&地方だからもあって、人が辞めず、フルタイムの募集がないんです…(たまにあっても、争奪戦!そして、オージーに負ける感じです)。
    今働いている園も、ベテランが多くてきちんとしているんですが、フルタイムのポジションがあく気配がない(=ビザにつながらない)ので、ほかの都市のスポンサー付きの求人にも応募してみたりするのですが、なかなか難しいですね(;^_^A
    そして、私は、移民のいないオージーだらけの環境で英語力で苦戦しています…お互いなんとか道が開けるといいですね!引き続きがんばりましょう(^^♪

    • ローラ より:

      初めまして、Kazさん。コメントありがとうございます! 場所が変われば状況が本当、全然違いますね〜!!! ビザ問題抱えている応募者と永住権持っているオージーとの勝負は厳しい。。そうですね、引き続きお互いに頑張りましょう! ビザが気になってクリスマス&NYD休暇が惜しいくらいですが、全てはタイミング。そのタイミングに備えてしっかり準備を整えておきましょうね!!! 同じ立場のKazさんからのコメントは励みになります。ローラ