お世話になった留学エージェントから成功事例としての記事依頼

Pocket

こんにちは、ローラです。

ギリホリでシドニーに来て以降、ビザ更新のためにビジネス学校に行ったりちょこっとマッサージ学校に行ってみたりやっぱり違うわと思って最終的にチャイルドケアに落ち着いたりしながらとにかく学生ビザを更新し続け、その間、学校の選択&学生ビザの更新でお世話になっていた留学エージェントがあるんですが、その担当者の方から、今回私がチャイルドケアで卒業ビザを取得できたことを受け、来年度更新のエージェントのHP内、留学生成功事例コーナーみたいなのに私の記事を載せたいという有り難いオファーを先日いただきました。



この留学エージェントには、実は、チャイルドケアのコース途中で学費の支払いが期日に間に合わないことが何度もあり、その際には代わりに立て替えて頂いたっていう感謝しきれない恩義があるんですが、このオファー、丁重にお断りさせていただきました。

なによりも、ゴールが卒業ビザ取得じゃなく、今現在、RSMSビザのスポンサー探しに手こずっている状況なので、成功事例として言葉を述べる気持ちにとてもなれず、、、そして、無事に卒業ビザが取れたのも、考えてみたらこのエージェントにお世話になったわけじゃなく、自分で探したビザコンサル(弁護士)を通じてなんとか取得まで至ったので、成功事例として彼らのHPに、この留学エージェントを推奨する形で本名を晒すことに疑問を感じたのです。実際問題、コース終了間際にこのエージェントの担当者に卒業ビザを申請したいと相談したところ、現時点ではもう遅いという回答をもらい絶望の淵に立った(実際は何ら遅くもなく、クラスメイトから正しい情報ももらい、2ヶ月後に卒業ビザを申請した)ので、彼らの土俵で成功を語りたくないという本音もしかり。

そして今、「チャイルドケアx卒業ビザ」で検索すると私のブログにわりと簡単にたどり着けるようなので、(ここまで記事をアップしてきた甲斐がある!)情報が必要な方にはブログを読んでいただいて&ブログを通じて直接連絡をもらう方がスムーズですし、エージェントの記事に協力したとして、下手に記事内で自分の言葉がカット&編集されるのもイヤだなっていう下手な物書き意識のようなものが生まれたのも断った理由の一部にあるかも。

もしかして、RSMSビザ(=永住権)の申請までできていたら気持ちを広く持てたのかもしれませんが、今はその余裕ゼロ。。これからも不安定な状況や、仕事の進捗状況、ブログを通じて共有させていただければと思います。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする