チャイルドケアで働く カジュアルポジションの危うさとフェアワークという切り札

Pocket

こんにちは、ローラです。

2018年(去年)の4月から近所のチャイルドケアセンターで、カジュアルとして週3働いていました。クリスマスから年末年始にかけて、オーストラリアのほとんどのセンターがおそらく2週間くらいのホリデーに入ると思うんですが、私が働いていたセンターも10日間の休みに入りました。ゆっくりホリデーを満喫し年が明け、そろそろ休み明けのシフトが気になり出して、ディレクターに連絡したところ、1月いっぱいは忙しくないから、おそらく今月のシフトはあげられないと思う、という返答。がーん。年明けいきなりの無職っていうね。

あけましておめでとうございます。

カジュアルポジションという危うさ

カジュアルポジションってやつ自体、基本的にフルタイムやハーフタイムのシフトの穴埋めをするのが主な役割なので、いつシフトを失っても仕方のない不安定な役回り。なので、なんの文句も言えません。なんですが、私はカジュアルでありながら、去年の4月以降、常に固定の部屋で週3の固定日にシフトを持っていてかつ、固定の子供達のオブザベーション(書類作業)も担っていたので、ここで切られるかーという驚きでもありました。

けれども、本来なら仕事内容的にカジュアルの域を超えているのでパートタイム(固定部屋、固定日、書類作業)の契約にしてもらうべきところだったんですが、このセンター自体が超利益重視のワンマン経営で、それに対してほとほとウンザリしていたので、適当にカジュアルで働いて自分が辞めたい時に後腐れなく去ろうと思っていたのでした。まさかこんな形でシフトを失うのなら、とっとと自分から辞めたかったっていうのが敗者のたわごとです。親御さんたちともいい信頼関係を築いてたつもりだったから、ちゃんと挨拶しないまま去る結果になったのもなんか申し訳ない。まあ、カジュアルポジションというのはこういうことが起こりうる危うい立場だということを身を以て経験です。

カジュアルはその分、フルタイム/パートタイムに比べて、時給が高いんですけどね。こんな感じに。

(これ、私の過去ブログ『チャイルドケアの時給について』よりなんですが、2019年現在ではこれよりも$1ちょっとほど上がっています。イェイ!)

そしてこの表、とてつもなくわかりにくいんだけど、Diploma資格なら、カジュアルで$29.01. フルタイム/パートタイムで$23.21という意味です。つまり、カジュアルならフルタイム/パートタイムよりも、$5以上も時間給が高いということです。

フルタイム/パートタイムは、ふだんの時給が低い分、有給制度(これもまたけっこう手厚い)が保証されるので、半年以上同じセンターで働く分には、結果的にパートタイム(フルタイム)の方がお得という計算です。私の中では。

フェアワークという切り札

ところで私が、今月のシフトもらえいっぽいぜ、イェーーン(泣)って話を同じ職場で働く友達に話していたところ、カジュアルだとしても半年以上働いてた場合、本人の要望があれば職場はパーマネント契約(つまり、フルタイム/パートタイム契約)に切り替えないといけない義務があるということを知りました。へー!! この友達は同じ会社の別支店でも働いているんですが、その別支店で働くカジュアルスタッフが、勤務して半年以上経ったから、パーマネント契約の希望を出すんだそうで、もし断られたら、『フェアワークに言いつける』と意気込んでいるんだそう。

*ブログを書いている時点で私自身、これが本当かどうかしっかりフェアワークのサイトを確認してません! ご自身で確認されたい方は、こちらをご参照ください。
Fair Work OMBUDSMAN :https://www.fairwork.gov.au

フェアワークとは、労働者の働く環境をサポートしている機関で、働く環境が違法な場合に(法律外の低賃金で働かされたり、差別を受けたり)労働者はこのフェアワークに苦情を言いつけることができるわけです。フェアワークに目をつけられたら大変なので、雇用主も『フェアワークに言いつける』と労働者から言われると大概のことは改善されるみたい。

そういえば、以前私も同じ職場で、Diplomaを取得したにも関わらず時給がCert3のまま($3−4違う!!)で、数週間経っても、何度クレームを言っても改善されず、このまま支払われないと、残念だけどフェアワークに通報せざるを得ないと言ったところ、すぐさま時給改善&未払い分($600近くになってた!)も入金された経験があるので、『フェアワーク』という言葉はとても強い切り札として使えるっぽいです。チャイルドケアの分野に限らず、オーストラリアで働く人は、この言葉を覚えておくといいと思います。

まあキャッシュハンドで働く場合は、たいがいタックスを払ってないわけで、その時点で違法なんだけどね。(とくに飲食店に多いよね)

それはそうと、私も、カジュアルとして去年の4月からこのチャイルドケアで働いているから、結果的に半年以上勤務しているわけで、おそらくパーマネント契約の希望を申し出ればいいのかもしれないけれど、もうこのセンターにはいろいろとウンザリ。やっぱり潮時なんだね。

さいごに

私が働いていたこのチャイルドケアセンターは、教育の質というよりも利益優先というのが明からさまにひどくて、常にRatioはキツキツときどきオーバー、働くスタッフもこんなんでよく雇われてるなという底レベルも混じる状況でした。言い方悪いなーこれ。でも本当に。。

それでも私にとっては都合がよく(通勤、徒歩10秒という距離)、多くを求めずにズルズルと過ごしてしまいましたが、もし、質のいいチャイルドケアを探したければ、たしか過去にも書いたような記憶があるんですが、『各部屋のフルタイムスタッフの割り合い』を面接時に確認するといいと思います。

フルタイムスタッフ雇用=子供の出席率に関わらず、週5で8時間を雇用するスタミナと働く環境&教育の質を重視する会社と言えるので、そのスタッフ雇用率が9割を超えるのであれば優良と言えると思います。ちなみに、私が働いてたセンター、ざっくり概算で8割!!!がカジュアルという状況でした。改めてびっくり。週5勤務で部屋のリーダー的なポジションをしているスタッフたちもカジュアル契約っていう。。これ、働く側としてだけじゃなく、子供を預ける立場としても、怖いよね。。ちなみに、オーナーは、ジューイッシュです。(あー!!)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ふみ より:

    ローラさん、こんばんわ。明けましておめでとうございます。いつも楽しくブログを拝見しています。

    以前にもいろいろと質問させていただいたのですが、ちょっとこのブログを読んで気になったのですが、今サティフィケート3の資格を持ったままデイプロマの勉強をしています。もちろん、実習のみで経験はありません。今、カジュアルでお仕事ができるかもしれないのですが、その時の給料は一番上で分かるのですがこれがデイプロマを取った後では、急に給料が一番下の値段になるのですか?それとも、経験がないので2年後まではサティフィケートの値段で推移するのでしょうか?

    もし、経験上分かるようであれば教えていただけると助かります。
    しかし、カジュアルって不安定なんですねー。1月はどこも忙しくなさそうですが、子供もスタッフも入れ替えになるのでみんなソワソワした感じになるんでしょうねー。

    • ローラ より:

      ふみさん ご無沙汰してます! あけましておめでとうございます。
      Cert3の勉強を始めた時点で、資格を取得しなくても確か$25.77が適用されます。Dipを取らずにCert3のまま働き続ける人も少なくないので、そういった人は経験に応じて表のように時給が上がっていくという感じです。
      そして、Dip資格を取得すると、経験に関わらず$29.01が適用です。これがフェアワークが設定している最低時給なので、これを下がるようだと違法ということです。2019年現在では$30ちょっとという時給に上がっているはずです。ちなみに、私の時給を改めて給与明細で確認してみると、$32.45となっています。
      カジュアルはシフトが不安定なのと有給休暇がもちろんないので、フルタイム/ハーフタイムポジションに比べて、時給が高い設定になっています。

      ホリデー明けは、子どもたちがただでさえナーバスになるので基本的にスタッフの配置を変えるところは少ないと思うですが、出席率が下がった場合は、私のようにわりと高給取りのカジュアルスタッフが、まっさきに首切り対象になるということです。まあ、パートタイム的な仕事を負担させておいてカジュアル契約っていう時点で、まともなセンターではないので、早く新しい職場を探すまでです!! 

      シドニーには、コンビニの数よりもチャイルドケアの数が多いんじゃないかってこないだ友達と話していたので、まあなんとかなります。

  2. ふみ より:

    ローラさん、コメントありがとうございます。
    説明よく分かりました。やっぱりカジュアルだとすごく高いんですねー。

    うちのセンターは、カジュアルのスタッフは、レポートとかの仕事はしてないと思うのですがデイプロマを持っていても経験が2年以上あっても時給が28ドルとか言ってた気がします。
    大きなグループのセンターなのですが、ちょっとおかしいんでしょうね。
    それでも、みんなセンターを変えずに働いてるのは何でしょうね・・。

    ローラさんも頑張って新しい職場を探してくださいね。
    おすすめのセンターのグループとかあったら教えてくださいー(笑)

    • ローラ より:

      ふみさん

      理解を得られてよかったです。
      チャイルドケアの資格を持っているにも関わらず、最低時給よりも低いところで働き続ける、、不思議すぎです。
      私のセンターでも、あるオージースタッフと時給の話になって、ディプロマなのに$21(うる覚えですが、フルタイム契約なので最低基準より$2足りないとか)しかもらっていなく、なんで別の職場を探さないんだ!ってけしかけたことがあります。あとから知ったことなんですが、生活保護を受けている人を雇うと国から会社に補助金がおりるとかっていうシステムがあるらしく、そういう人を低めの時給で雇って、会社は国から補助金をもらっているという実態があるそうで、彼女がまさにその契約だったみたいです。怖い話ですよ。そして、なぜ彼女もフェアワークに通告しないのか、それも不思議。
      ほかにも、トレイニー契約といって、会社が学費を出して資格を取らせてあげる代わりに、超低賃金で学びながら働くという方法もあったり、なんかいろいろ複雑な面もあるっぽいです。

      私も、友達と情報を集めあって、あの会社はやばいとかこの会社はえげつないとか話してるんですが、総合すると、大きなグループは利益重視の経営色が強く、スタッフをただただ末端にしか思っていないイメージがあります。それでも、同じグループにも関わらず店舗によって様子が違ったりスタッフの雰囲気が違ったりもするみたいなので、本当に働いてみないとわからないっぽいです。
      それこそ、絶対的に多くの情報を持っているのがチャイルドケアの資格を取らせる学校(そして生徒の実習先を見て回る先生)だと思うので、各会社の特徴とかをもっと教えてくれてもいいのにねと思ったりするんですがねー

  3. ふみ より:

    そうなんですか?びっくりびっくりです。。ただ実態を知ってしまっても、やはり経験がないとカジュアルの仕事もなかなか固定では見つからないんですね。多分、派遣会社に登録するといいんでしょうけど、毎回毎回センターを変えられても・・と思い実習先でもカジュアルでも最低一年の経験というのが履歴書に書ければ(例え週一での出勤でも)、次にまだ受かりやすいかな。。と。

    学校も全然大手でないので、ほとんど自習みたいになってる状態でして・・。しかもサティフィケートとデイプロマが同じクラスでしてるから、みんな別の課題をしてて。。という。。先生も学校情報は期待できそうになーい。ローラさんの行ってた学校とは全然レベルが違います。

    本当はカウンシル系列とかいいんでしょうけど、すでに実習をもうしこんだ時点でTAFEの生徒しかとらないと言われるレベル・・。

    働きたいと思っている人からすると、お給料の面もあまりきつく言えないのかもしれませんね。私もそうですが、今働き出して(全くの新人)、それが3月にデイプロマを取れて、ダイレクターに「給料あげてくれ」となったところでこの私のレベルのままでは、ちょっと言いにくい。しかもそういうことを言うと一気に仕事がなくなりそうで・・。

    しかも一月・二月は基本的に人も充分にいるということで、派遣の仕事さえないと聞きます。
    あと私はヘッドオフィスにサインをするだけなのですが、いつから働けるやら・・。
    担当者がいちいち連絡が遅いんですよね。面接を受けてから一か月半たってます。。

    • ローラ より:

      なんだかふみさんの会社、いろいろとニオイますね〜 基本的に書類作業が遅い(遅すぎる会社)は、なし崩しに全てがちゃんとしてない印象です。スポンサー契約をもらう、とかいうなら手続きに時間がかかるのはわかるので、私たちも日々プッシュしないといけないと、RSMS取得のためにキャンベラに移った友達から以前聞きましたが、ふみさんはあくまでカジュアルですよね? うーん。ただただニオイます。

      チャイルドケアでのキャリアの作りかたで一番スムーズなのは、学生の実習先のチャイルドケアからカジュアルとしてシフトをもらうようになって、週に数回でも継続して経験を積んで、(スクールホリデー期間中は、週5で働くことも可能なので、)卒業と同時にフルタイムで働かせてもらうことだと思うんですが、なかなか実習先がいいセンターに当たることも少ないので、実習先を可能な限りいろいろ変えたり(学校側は嫌がりますが、その方が仕事のチャンスも広がるし、いろいろなセンターを知れて勉強になる)、近所のセンターにカジュアルジョブをしたいとレジュメを配るのも効果的で、やはりそこからパートタイム、フルタイムとキャリアアップするのが簡単です。ところが、私が知る限りでも、他のセンターで働いたことがないってスタッフも多く存在するので、私はそれを聞くたびに絶句していますが。そこが優良企業なら最高なんですけどね。
      シドニーには本当に多くのチャイルドケアが乱立するので、カジュアルジョブは簡単に見つけられる(と思っている)んですが、メルボルンは少し事情が違うのかもしれませんね。
      ふみさんが、早く現場の経験を積まれて、自信を持って給料交渉ができるようになる(というか、労働者の守られた権利なんですが)ことを願っています!!!

      派遣は、毎回いろんな新しいセンターに送り込まれるので、それこそいろんな職場を見ることができると思うんですが、やっぱりあう人とあわない人がいると思います。私は苦手。。しっかりと子供達、親、スタッフとリレーションシップを築いて、子供達の成長のサポートをしたいので、固定のセンター、固定部屋がいいですねー