チャイルドケア セントラルコーストもう対象外だって。

Pocket

こんにちは、ローラです。
さて、週明けからセントラルコースト(シドニーから車で2h、電車で1h)にRSMSジョブサーチに出かけようと思ってた矢先、クラスメイトからセントラルコーストはRSMS対象外だよって忠告され、気落ちしています。私はうっかり少し古い資料を参照してしまっていたようで、そこにはRSMS対象地域としてまだセントラルコーストが載っていたんですけど。訪問する前に教えてもらってよかったということでしょうか。。




実は、100店舗ものセンターをオーストラリア内に持つグループオーナーのミッシェルと連絡が取れたあと、HR担当のアレックスから、希望のセンター@セントラルコーストは残念ながらスポンサーシップでビザを下ろしてないんだという返信があり、大手なのに店舗によって力量みたいなもの?が違うのかしら、と落ち込んでいたんですが、根本的に、セントラルコーストではビザが下ろせないということだったんだと、友達からの指摘を受けて理解しました。。

ミッシェルがオーナーのGuardianグループは、RSMS対象であるキャンベラに5店舗も支店があるので、おそらく彼女の力を借りれば、ビザまできっとたどり着けると思います。ただ、寒い冬が本当に苦手なのでキャンベラはできれば避けたいのが今の気持ち。なので、先日ポートマッコーリーに行った際に興味を持ってくれたセンターに、トライアルの日程を組んでほしい旨&ビザの保証先になってくれるかどうかの改めての確認メールを送りました。セントラルコーストが対象外とわかった今、彼女からの返信次第で、喜んでポートに向かう覚悟ができてきたし、もうそれが無理ならうーーん、また悩みの記事をアップします。

セントラルコーストが対象外だと教えてくれたクラスメイトは、ダーウィンに向かうそうです。(ダーウィン全体がRSMS対象地域。)まだビザの保証をしてくれるセンターを見つけてないそうですが、興味をもってくれているセンターがあるようなので、カジュアルジョブからスタートして近い将来にビザゲットできればと、その可能性を広げるために移住することにしたそう。とにかく、その場所にいるのといないのとだと、話の進み具合が全然違うことは私も強く感じてきているので、英断だと思います。どのセンターも、週に数回働くカジュアルスタッフは大歓迎で、そこからフルタイムにステップアップするケースが一番お互いのリスクがなく王道。私が今のフルタイムのジョブをスルスルとゲットできたように。

もちろん、RSMSビザの条件として、ルームリーダーポジションにつかないといけないとあるので、ただ単にフルタイムジョブを探すのとはだいぶハードルが違いますが、変な話、書面上だけルームリーダーになることも実際のところ可能だと思っています。センターがその人をフルタイムで雇いたいと思ったら。
RSMSビザの保証先としてセンターが負わないといけないのはたった$2−3000の手数料のみで、たったそれだけでDiploma資格をもったスタッフを少なくとも2−3年確保できるのは、新しいチャイルドケアセンターが次々と作られている状況を背景に考えると、センターにとっては大きなメリットでしかないはずです。なので、将来的な伸び幅というか熱意があるスタッフならばビザサポートをしてくれるんじゃないかと私は思っているんですけどね。

※ビザそのものの申請料(約$4000)や書類作成などエージェントへの代行手数料(約$5500)は私が支払います。

そういう意味で、RSMS対象エリアでカジュアルジョブでもなんでもセンターと強いコネクションを作るというのは、ビザ取得への近道だと思います。私も、いったんはポートマッコーリーのセンターからの返事待ちですが、今のフルタイム収入を手放して、カジュアルでもいいからとりあえず場所を移すという思い切った行動を取るかどうか、考えないといけないかもしれません。




毎日毎日、同じような記事アップばかり。この右往左往しているさまが誰かの情報源になれば嬉しいのですが。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする