オーストラリアの自由に選べるナンバープレート

Pocket

こんにちは、ローラです。

先日、買い物に出かけたところ、駐車場のたまたま隣にパーキングしてあった車のナンバープレートが目に飛び込んできました。というのも、表記の一部が漢字表記だったんです。これ。

面白いことする人がいるなーと感動して思わず写真を撮ったんですが、オーストラリアの車(バイク他も)のナンバープレートは基本的にルールが緩いです。私自身がペーパードライバーだった1年前までは、ナンバープレートに着目したことがなかった気がするんですが、乗り始めると車に目が行くようになるものかもしれません。かなり個性的なプレートもよく見かけます。オーストラリアでは、それが可能なので。

ここのナンバープレートには日本のような規定があまりなく、表記や色もかなり自由に選べます。例えば、専用サイトで『LOLA X』と選んでみると、こんな感じの選択肢。(シドニーがあるNSW州で言うとです)

好みはいろいろ分かれると思いますが、かなり自由に選べます。

ただし、ナンバープレートの制作費に2〜400ドル(約2〜4万円)かかるので、こういったこだわったプレートを見かけるのは、感覚的に10台中1〜2台の個人的イメージです。
(オリジナリティー出さずに番号&アルファベット表記の場合、たぶん無料だったはず)

なんの車ファンでない私でさえ、ふいに見かけるとついつい気に留めちゃう(=印象に残る)から、いつも同じエリアに路駐がちな人(=印象を消したい人)には不向きかもしれないなーと素人ながらに思ったりもしますが、見つけるプロはナンバーどころか車体で見分けがつくのかしらね。そうかもね。どうなのかね。

ところで、冒頭の写真で紹介した日本語(漢字)表記のナンバープレートのテンプレートも選択肢の中にありました!!

といった感じでね。テンプレが普通に存在してました。

私自身の車のナンバーは、中古車なので前のオーナーから引き継いだなんのこだわりのない、一般的な数字とアルファベットを合わせたものですが、こんな感じのオリジナルプレートを日本でやっても流行りそうなのにね。

と思っていたところに、なんだかものすごく残念なツイートを見つけてしまって、日本にオリジナルプレートが浸透することはきっとないんだろうなー。まあ、『LOLA X』もそこそこダサいけど。

これはひどい。

オーストラリア(各州でスタイルが少し違うみたい)でオリジナルのナンバープレートを作ってみたい方、作った気分を味わいたい方は、こちらのサイトからお試しください。

NSW:https://www.myplates.com.au/#/home
SA:http://ezyplates.sa.gov.au/

他の州は、探してない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする