オーストラリアの化粧事情と美容好きは必見なビューティーエクスポ情報 

Pocket

こんにちは、ローラです。

オーストラリアに住むみなさん、毎日ちゃんとお化粧していますか?
オーストラリア歴が長期になる人の共通あるあるだと思うんですが、ま〜あみんなお化粧しなくなるね。

だって普段、ここオーストラリアでは、オフィス、美容関係サロン、ホテル&バーといった超特定で働く以外、接客のレストランやカフェであろうと、そして私が働くチャイルドケアなんかは特に、ほとんどの女性が薄化粧(というかほぼノーメイク)なんですね。

日本からワーホリで来豪した当初の私は、日本同様に毎日バッチリメイクをしていたんですが、他のスタッフが誰一人まともなメイクをしていないローカルカフェで働き出すと、一人バッチリメイクをしていることになんだかとても違和感を覚えて、そう感じた頃からだんだんと化粧をしなくなり、7年目の今では眉毛だけ適当に書いて終わり、という日常を過ごしています。日本人の知り合いにはとても見せられないような年齢肌大放出で。

化粧をしなくなった人にはわかってもらえると思うんですが、この、日本では毎日当たり前だった化粧を放棄すると、かなりの時短(朝のメイク時間、夜のメイク落とし時間合わせ)&大きな節約(化粧品ってバカにならない金額なんですよね。。)を即座に達成することができて、とてもとてもラクなんですよね!! ところが、ふとした瞬間、鏡に写った自分の顔に唖然とする機会も年齢と共に増えてきたのも事実で、そして年に3回程度しか化粧をしないような生活を送ると化粧のやり方そのものを忘れてしまって、舞台メイクのような仕上がりに慌てふためくという現実にも私は遭遇していました。

やっぱりもう少し化粧をしたほうがいいかなーと思っていた矢先の先週、オーストラリアで二大ドラッグストアのひとつ、『Priceline/プライスライン』がコスメ商品半額セールを行っていました。

プライスラインのメンバー登録をしている私のところには、セールの数日前にメールで案内が届いていたので、せっかくだから買い物ついでに立ち寄ってみたんですが、なんとまあ通常の3倍のお客さんで賑わっていました。半額ですものね!!

周囲の勢いに押されて、私もあれもこれもとカゴにばかばか詰め込んで、久々に一通りのメイクアイテムを購入してきました。ネイルグッズも半額だったので、10本近くのマニキュア含め。

朝、少しだけ時間をかけて、顔に色をのせてみると、やっぱり気分が上がる!を力強く感じたので、先週から少しづつ、化粧をしていってみることにしました。そして、ネイルも自分で7年ぶりに塗ってみたわけですが、やっぱりこれも、気持ちが乗る!!  本当は、ネイルサロンでモチのいいジェルをしてもらいんだけれど、自分で落とせない&やったら通い続けないといけないというイメージが強くて、しばらくセルフでマニキュアをコツコツ塗っていこうと思っています。

ところで、オーストラリアのネイルは、バスの中などで他人の手を見てみるとわかると思うんですが、一色塗りが主流です。日本のような凝ったネイルをしている人はまず見かけません。ネイルサロンでも、ただただ一色塗り、もしくはたまにフレンチのオーダーがあるくらいだと、シドニーでネイリストの友達が言っていました。一般的なネイリストも、アジア人ばかりだからね、安い&早いが大事なスキルで、それがお客さんからも求められているみたい。日本とはやっぱり違うねー

そういえば、シドニーでは年1で『Beauty Expo Australia』という美容の祭典的なものがダーリングハーバーにある大きな会場で行われます。美容関係の学校に通っている人や、もちろんサロンで働いている人なら誰でも知っているような大きなイベントらしいんですが、入場料($35)を払えば、一般人でも会場に入ることができて、そしてサロンでも使うような本物の美容商品が安く購入できるとして人気なので、美容に感心がある人はぜひ行ってみるといいと思います。今年は、ちょうど1ヶ月後の9月8日ー9日の開催ですって! 美容通いわく、初日で売り切れてしまう商品もあるそうなので、可能なら初日に行ったほうがいいかもです。

私は、プライスラインで半額で購入したメイベリンなどの商品をしばらく使い続けると思いますが、やっぱり女性たるものお化粧を楽しみたいなーと思っています。まあいつまで続くかはわかりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする